2018/01/28

FXするなら絶対覚えろ!!鉄板ローソク足パターン酒田五法基本編

 
酒田五法

この記事を書いている人 - WRITER -

んにちは。

 

ローソク足の知識っていろいろありますが、
始値とか終値とかそういう基本的なのは
おいておいて。

今回はローソク足のパターンです。

 

酒田五法とよばれるローソク足パターンを紹介しますが、
初心者でも最低限今回の内容だけは、
覚えてくださいね。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

酒田五法基本編

まとめますね。

  • 三山
  • 三川
  • 三空
  • 三兵
  • 三法

では、順番にいきます。

 

三山

「3回山があったら天井」

「3回谷があったら底」

と、言われています。

 

三山が

  • トリプルトップ
  • 三尊(ヘッドアンドショルダー)

こちらが下落のサイン。

逆三山が

  • トリプルボトム
  • 逆三尊

こちらが上昇のサインですね。

三山と逆三山は逆なだけなので、
一緒に説明します。

 

トリプルトップ、トリプルボトム

トリプルトップ

これがトリプルトップの形です。

下落のサインですね。

 

 

実際のチャートでは、こんな感じです。

ちょっとごちゃごちゃしてますが、
図のようにきれいな形で出る方がめずらしいです。

ネックラインがななめになったり、
4回レジされて落ちたりと、
最初のほうは気づくのがなかなか難しいと
思います。

 

 

こちらがトリプルボトムのほうです。

上昇のサインですね。

さっきも言いましたが、きれいな形はめったにないので、
ななめのパターンです。

フラッグとかレンジとかいろいろパターンあるので、
形成中は必ずしもトリプルトップになるとは、
限りません。

これだけでのエントリーはやめておくのが無難です。

 

三尊(ヘッドアンドショルダー)、逆三尊

これが三尊です。

下落のサインですね。

トリプルトップよりも頻出で、
チャートにきれいな形として現われることが
多いです。

なので、こっちの方が重要度は高いです。

というか今回の酒田五法のなかで、
一番重要です。

FXの定番!トレンドの転換点と利益の出し方

こちらの記事で詳しく解説しているので、
知らな方はどうぞ。

 

 

これが逆三尊で上昇のサインです。

 

実際のチャートではこんな感じ。

今回はちょっとだけ上昇して、
下落の勢いに負けてますが。

  • このまま上がっていくか
  • それとも落ちていくか

は、長期の背景にもよります。

長期の背景が上昇トレンド中の
押し目買いゾーンのときに
上がっていくことが多いです。

 

三川

三川は

  • 三川明けの明星
  • 三川宵の明星

です。

逆三山が三川と呼ばれることもありますが、
ここでは別物とします。

三川明けの明星

三川明けの明星

引用:http://fx-quicknavi.com/chart/sakatagoho.html

 

大陰線

窓開けて小陰線か小陽線コマ

大陽線

という形で上昇のサインです。

実際のチャートでは、ドル円とポンド円の1分足と5分足で、
2ヶ月分くらい探したのですが、
きれいな三川明けの明星の形はなかったです。

なので、あまり実用的ではないですね。

このチャートのように
窓が開いていない形なら、
たくさんあります。

 

三川宵の明星

山川宵の明星

引用:http://fx-quicknavi.com/chart/sakatagoho.html

 

大陽線

窓開けて小陰線か小陽線コマ

大陰線

下落のサインです。

 

こちらもチャートでなかなか発見できないので、
あまり実用的ではないです。

試しに自分でも探してみてください。

 

三空

三空

  • 三空叩き込み
  • 三空踏み上げ

この2つです。

叩き込みが上昇のサイン

踏み上げが下落のサイン

です。

 

酒田五法:三空

引用:http://invest.aandm-china.com/sakata/3kuu.html

三空は両方、

「行き過ぎたからもどるだろう」

という心理によって起こります。

ポイントは3回連続窓があいてることです。

 

要は、逆張りです。

 

三兵

三兵は、

  • 赤三兵
  • 黒三兵

の2種類です。

 

赤三兵が上昇のサイン

黒三兵が下落のサイン

です。

赤三兵は上昇トレンド中に陽線が3本。

窓を開けずに陽線が3本連続で、
必ず各ローソク足の終値は、
前のローソク足の終値より上です。

 

黒三兵は下降トレンド中に陰線が3本。

同じく窓は開けません。
陰線が3本連続で、必ず各ローソク足の終値は
前のローソク足の終値より下です。

 

三兵を実際のチャートで見てみましょう。

オレンジで囲んだのが赤三兵です。

長期の上昇トレンドにつながって、
強い買いのサインですね。

 

次、注意してほしいのが、
赤で囲んだところ。

赤三兵行き詰まりです。

特徴は上ひげですね。

上ひげはたたき落とす力が強い証拠なので、
上昇トレンドが弱まっている

というサインです。

 

オレンジで囲んだのが、黒三兵です。

長期の下降トレンドにつながって、
強い下落のサインです。

 

赤で囲んだ部分ですが、
やはりひげには注意です。

下ひげは蹴り上げてる力の強さを
表わしているので、
下落の力は弱まってますよ。

 

三法

お疲れさまです。

酒田五法基本編、最後の三法です。

 

三法は、

相場の売り、買い、休みを表わします。

 

例によって例のごとく、
こちらも2パターン。

  • 上げ三法
  • 下げ三法

です。

サインに関しては名前の通りです。

では、見ていきましょう。

 

まずは、上げ三法。

上げ三法

大陽線→持ち合い→大陽線

の形です。

図はかなりきれいで、上昇トレンド中に大陽線が出て、
小陽線か小陰線が3本続いてからの大陽線ですね。

ポイントは、最後の大陽線の終値が、
最初の大陽線の終値をぬいていることです。

 

次に下げ三法。

下げ三法

大陰線→持ち合い→大陰線

の形です。

図では下降トレンド中に大陰線がでてから、
小陽線か小陰線が3本続いて、
次の大陰線が最初の大陰線の終値をぬいてますね。

 

三法を実際のチャートで見てみましょう。

こちらが上げ三法です。

大陽線→持ち合い→大陽線

の形になっているのがおわかりでしょうか?

 

こちら下げ三法。

ちょっと複雑ですが、

大陰線→持ち合い→大陰線

の形ですね。

 

図で示したような、きれいな形はめったにでないので、
こういう実際のチャートの少し複雑な形が
現実的です。

 

まとめます。

今回紹介したのはこの5つです。

  • 三山
  • 三川
  • 三空
  • 三兵
  • 三法

三山、三川が圧倒的に実用的なので、
この2つだけは、チャートパターンを
しっかり覚えて検証をおすすめします。

 

では、今回もありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2018 All Rights Reserved.