ご紹介!1分でわかる投資と投機(トレード)の違い

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

今回は投資と投機(トレード)の違いについて理解してもらいます。

これはあのウォーレン・バフェットの本にも書いてあるぐらい大切です。

 

「自分がやっているのはどっちなのか?」

「自分はどっちに向いているのか?」

など考えてみて自分がやることややっていることを知ってください。

 

投資でも投機(トレード)の共通点は一番大切なのは資金管理というところです。

そしてもう一つ、知らないことは一番のリスクです。

 

 

投資とは?

 

投資とは、

「価値にお金を投じることです。」

 

投資は将来価値が上がる者を見極めてお金を投じます。

なので、投資家は企業やサービス、経営者などを見てその本質的な価値を見極めるたくさんの方法を学びます。

そして、企業の本質的な価値より株価が安いと判断した企業の株を所有します。

このような株を割安な株といいます。

 

投資は良いものやサービスをつくるアイデアはあるがお金はないという人にお金を与えることになるので、
投資家の判断が正しかった場合は大きな付加価値を生み出すことになります。

なので私は投資はたくさんの人々の生活を豊かにできる大きな手段だと考えます。

 

 

基本的に長期売買となる

 

投資では企業の本質的な価値に注目する。つまり、未来に価値がでる企業に投資するため株の保有期間は必然的に長期になります。

なので、買った企業の株は数年~数十年持ち続けることはあたりまえです。

 

そして、年利回りは良くても20%なので大きく稼ごうとすると大きなお金が必要になります。そんな理由で有名な投資家はビッグビジネスオーナーが多いですね。

ビジネスでお金を稼いで投資で増やすのが主流です。

 

お金を稼ぐより増やすことは難しいので、
投資をしたい人はまずは稼ぐことからはじめるのが大切です。

 

 

主にファンダメンタルズ分析を勉強する

 

投資は企業の本質的な価値に注目するのでチャートを見ているだけでは不十分です。

チャートを見るとその企業の過去と現在の価値はわかりますが、
本質的な未来の価値を見極めるのは無理です。

 

なので、勉強内容は財務分析やPER、ROEなどのファンダメンタルズ分析が中心となります。

一度売り買いの判断を下すとあとはほとんど時間がかからないというメリットもあります。

 

 

投機(トレード)とは?

 

投機(トレード)とは、

「人間の心理の変化にお金を投じる」

ことです。

 

投機家(トレーダー)は株価や為替レートの変動を予想して利益を得ることで稼ぎます。

株価や為替レートがどうして上がったり下がったりするのかというと、
たくさんの人が売買するからです。

当然買いたい人が多ければ値段は上がりますし、売りたい人が多ければ値段は下がります。

つまり、投機家(トレーダー)は他の投機家(トレーダー)の動きに注目して売買を行っています。

 

そして、トレードはゼロサムゲームです。稼いだ人がいれば裏には損した人がいます。

トレードはお金の取り合いなので生半可な気持ちでマーケットに参加しないことをおすすめします。

 

 

基本的に短期売買となる

 

トレードは基本的にチャートを見て価格がこれから上がっていくのか、それともさがっていくのかを判断します。

 

テクニカル分析が中心ですね。

トレンドライン、移動平均線、フィボナッチリトリースメントなどのテクニカル指標を使ってチャートを分析し、
お互いの考えの裏を読み合うゲームとも言えます。

 

株価のチャートをみても必然的に数十年後の企業の価値や為替レートなどわからないので必然的に短期売買になります。

 

 

投機(トレード)は莫大な利益が得られる!

 

投資では1回取引する間にトレードは何回も取引できるので、
利回りは必然的に大きくなります。

極めると年利300%などの大きな利益を得ることも可能です。

 

ただし、チャートを監視しなければならない時間が多いのでその分時間はかかりますし、
利益が大きいということはリスクも大きいことになります。

 

 

トレードは手法も様々で勉強の余地は無限大ですし自動売買などでほとんど時間をかけずに利益を上げるシステムもあるので、
私は人生を変える手段であると考えます。

 

常に学び続ける姿勢をもって、あきらめなければ必ず成功できます。

 

 

まとめ

 

投資と投機(トレード)の違いを簡単に表にまとめてみます。

 

  投資 投機(トレード)
学ぶ内容 ファンダメンタルズ分析中心 テクニカル分析中心
保有期間 数年から数十年 数分から数週間
年利回り ~20% 60%以上
メリット 一度判断すると時間がかからない 短期的に大きな利益が狙える
デメリット 大きなお金が必要 取引に時間がかかる

 

以上の特徴をふまえた上で、

「資金があまりないけれど時間とやる気はあるからトレードにしよう」

「資金は十分だが毎日チャートを見ている暇なんてないから投資にしよう」

といった感じで自分の性格やライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。

 

投資でもトレードでもいろんなスタイルがあるので、
ここはあまり悩まずに投資と投機(トレード)の違いを知り、
自分が何をしているのか何を学んでいるのかを知り、
はやめに始めることをおすすめします。

 

気合いと根性は忘れずに!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.