FXアノマリー編!!ゴトーの日のトレード手法と見解

 
ゴトーの日 アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

アノマリー。

それはなぜ起こるかわからないもの。

そして、なぜか起こるもの。

でもトレードは確率論だから、

利益を出すのに一役かうもの。

 

今回はアノマリー手法の1つであるゴトーの日について、
基本的な戦略と僕の意見を述べていきます。

 

アノマリーといえば月曜日の窓埋めが有名です。

ゴトーの日は月曜日の窓埋めと比べれば陰がうすい印象はあります。

ですが、月曜日の窓埋めと比べればその方向に動く根拠はしっかりしています。

 

なぜ、大して注目されていないのか不思議なぐらいです。

 

今回の記事では大まかに

  • ゴトーの日の論理
  • ゴトーの日の売買戦略

この2つをお伝えします。

では、今回もよろしくおねがいします。

 

仲値とは?!

ゴトーの日のトレード戦略は仲値の円安を使います。

なので、仲値の理解は必須です。

まず、仲値とはなんでしょうか?

 

仲値とは、
銀行が円を外貨に両替するときの為替レートです。

 

FXの為替レートは常に変化しつづけますが、
仲値は1日に1回しか変化せず、その日は固定されます。

 

ゴトーの日のトレード理論

ゴトーの日の理論は簡単に言うと、

 

「5」と「0」のつく日、つまり5日、10日、15日、20日、25日、月末。

こんな日は、9時から9時55分までドル高円安が進んで、その後は逆方向に進む。

 

という理論です。

 

これは銀行の動きが原因です。

先ほど仲値は1日変わらないと解説しましたね。

つまり、銀行が最大の利益を得るためには、
ドルを安く買って円を高く売りたいですね。

そして、その日の仲値は朝9時55分のレートになります。

 

なので、銀行は9時ぐらいからドルを買い上げて、
9時55分に円安、ドル高の状態を狙います。

こうすることによって僕たち一般市民や企業が、
日本円を米ドルに換えるときに銀行は利益を出しやすくなります。

 

ゴトーの日である理由は、
「5」と「0」のつく日と月末にこの傾向が強くなるからです。

「5」と「0」のつく日と月末は貿易決済の日になることが多く、
日本で米ドルの需要が増えるので銀行は9時55分までにはりきってドルを買い上げます。

 

ゴトーの日の基本戦略

ゴトーの日の基本戦略は2つ。

通貨ペアは米ドル/円です。

  1. 9時から買い、9時55分に決済
  2. 9時54分から売り、利益がでれば決済

 

ゴトーの日はその方向に動く確率は高いですが、
東京市場で値動きが少ない時間なので狙う利益は、5~10pipsです。

 

そして、2の売り戦略では10時30分に中国市場が開いて影響がでるので、
レートが落ちなくても10時30分までには決済しましょう。

 

ゴトーの日のトレードのコツは「欲張らないこと」です。

あくまで薄い利益を狙います。

他にも根拠が重なった場合は別ですが。

 

ゴトーの日のチャート実例

ゴトーの日 トレード

細い線が9時で、やじるしが9時55分です。

9時からドル高になっていき、9時55分から反転していますね。

 

ゴトーの日 トレード1

こちらはあやしいですね。

9時のローソク足が長いので、下手すれば少し損失がでます。

 

ゴトーの日 トレード2

これは先ほどと同じチャートの1分足です。

買いの戦略は失敗で若干の損失がでていますが、
その後の売りの戦略は成功しています。

ゴトーの日のトレードの範囲は1時間なので、
5分足と1分足を見ていくことをおすすめします。

 

ゴトーの日 トレード3

こちらは1分足チャートです。

買いの戦略は大成功したが、売りの戦略は失敗しているパターンです。

このチャートは水平線や切り下げラインの戦略でも採りにくいチャートですね。

 

ゴトーの日の注意点

今は3回分のチャートをお見せしました。

買いの戦略と売りの戦略をセオリーどうりにエントリーした場合、
成功率は60%ほどでした。

実際に可能生を感じた方は、もっとたくさんのチャートを検証してみてください。

 

その際にしてほしいことは、ルールを決めて損益率も出すことです。

 

最大損失や利益確定の目標を決めて、検証後のトレードなら、
ゴトーの日のトレードは希望があるものです。

あなたの武器の1つになるかもしれませんね。

 

では、今回もありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.