FXで利益をのばす未来予想ツール!!チャネルラインとは?!

 
チャネルライン アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

FXをはじめて最初に勉強するのは、おそらくレジスタンスライン、サポートラインなどの水平線やトレンドラインでしょう。

この2つを使えるようになってから勉強したいのが、チャネルラインです。

「水平線って何??」「トレンドラインって何??」

こんなかんじの人は、先にこの3つの記事から読んでください。

 

この土台をかためてからチャネルラインの勉強をすると、チャートからたくさんの情報を得るようになります。

  • トレンドの強さ
  • トレンドの方向性
  • 押し目、戻り目
  • ブレイク後の値幅

などなど、水平線とトレンドラインを理解した上で組み合わせることによって、強力な未来予想ツールとなります。

 

「水平線やトレンドラインでものたりない人」

「手法に悩んでいる人」

「チャネルラインの使い方が知りたい人」

こんな人におすすめの記事です。

 

そして、テクニカル分析のなかでもっとも大切なライントレードの一種なので、重要度は高いです。

チャネルラインを使いこなすことができれば、あなたのトレードの幅は広がり、今よりも自信をもったトレードができるようになります。

 

今回の記事では、

  • チャネルラインの引き方
  • チャネルラインの見方
  • チャネルラインの使い方
  • チャネルラインの注意点

こんなことを中心にお伝えしていきます。

 

トレンドラインが普通の牛丼だとすると、チャネルラインはネギ玉牛飯です。

チャネルラインというちょっと高級なトレンドラインをお試しください。

 

チャネルラインとは?!

チャネルラインとは

これがチャネルラインです。

トレンドラインを引いてから、そのまま平行移動します。

 

チャネルラインを引いてみれば、チャートがある程度規則性をもって動いていることがわかります。

トレンドが同じぐらいの値幅で繰り返して動いていることなど、トレンドラインでは得られない情報も得ることができます。

 

このようにチャネルラインの特徴の1つは、

チャートから得ることができる情報が増えることです。

 

チャネルラインの引き方

チャネルライン 引き方1

まずはトレンドラインを引きます。

どんなトレンドラインを引いたのかは画像の通りです。

 

チャネルライン 引き方2

そのままこのラインをトレンドラインの次の安値に平行移動します。

この平行移動したラインをアウトラインと言います。

 

MT4での引き方は、

トレンドラインをダブルクリック
       ↓
    Ctrl+左クリック
       ↓
そのまま左クリック押しながらマウスを好きな場所に移動

この手順で平行線を引けます。

 

チャネルライン 引き方3

チャネルラインを引くときに小さい波を見ているとこのようなチャネルラインになると思いますが、間違いではありません。

自分が見ている波によって引くラインは変わりますし、間違いを認識した時点で、アウトラインを引き直すことはできます。

 

チャネルラインから得るべき3つの情報

「チャネルラインから得られる情報が多いと言われても、どの情報がいいのかわからない」

こう思った人もいると思います。

 

そこで、利益を上げるトレーダーがチャネルラインから必ず得ている情報を3つお伝えします。

チャネルラインはこの3つの情報を得るために引いていると言っても過言ではないので、しっかり確認しましょう。

 

その3つの情報とは

  1. トレンドの強さと方向
  2. 押し目と戻り目ができる場所
  3. トレンドとブレイク後の値幅

この3つです。

順に説明していきます。

 

トレンドの強さと方向性

チャネルラインは、トレンドラインより確実にトレンドの強さと方向性と確認できます。

そのためのチャネルラインでの確認ポイントは、

  • 長さ
  • 角度
  • 値幅

この3つです。

 

それぞれ覚えておいてください。

  1. チャネルラインは長ければ長いほど、サポートやレジスタンスが強くなり、ブレイクの力が強くなる。
  2. チャネルラインの角度が急であれば急であるほど、トレンドは強いが短くなる。
  3. チャネルラインの値幅は広ければ広いほど、トレンドは強くて長くなる。

 

押し目と戻り目ができる場所

チャネルライン 反発予想

チャネルラインは、上昇トレンド中は押し目、下降トレンド中は戻り目を予想することができます。

2本のラインを引くとその値幅のトレンドができます。

 

注意してほしいのは、チャネルラインにタッチしてエントリーすれば利益がでるという意味ではないことです。

あくまでも値幅や反発するポイントを予想しているだけです。

 

トレンドラインをブレイクした後の値幅も予想できる

チャネルライン ブレイク

チャネルラインのブレイク後の値幅は、チャネルラインの値幅ぐらいになります。

「なぜ、ブレイク後の値幅がチャネルラインの値幅なんだろう?」

という疑問がでてくるでしょう。

 

それは、トレーダーたちがチャネルラインぐらいの値幅に達成感を得るからです。

為替レートは、大衆心理によって動いています。その中でポジションを持ったり、利益確定や損切りが行われています。

なので、人間が心理的に達成感を得る場所が為替レートが反発する場所だと言えます。

 

 

チャネルラインの使い方

チャネルラインでは、
トレンドラインはエントリーの根拠の1つに、
アウトラインはエグジットの根拠の1つになります。

トレンドラインについては省きます。

 

アウトラインは、次に止まりそうな場所を予想するのに使います。

つまり、利益確定に使います。

アウトラインはエントリーのためにあるわけではなく、エグジットに使います。

 

勘違いしてほしくないのは、次に止まりそうな場所を予想するというのは、止まりそうな場所を予想するだけで、反転するというわけではないので、アウトラインだけで逆張りはしないようにしてください。

 

アウトラインをエントリーに使いたくない2つの理由

アウトラインをエントリーに使いたくない理由が2つあります。

  1. トレンドが急になる
  2. 損切りの幅が広がる

この2つです。
順に説明します。

 

トレンドが急になる

まず、トレンドができますね。

トレンドがはじまってしばらくすると、そのトレンドができていることに気づく人はどんどん増えていきます。

FXで利益を上げる基本は、トレンドにのること。

なので、どんどんそのトレンドにのるひとは増えていって、トレンドが急になる確率は高いです。

これが、逆張りするときのリスクです。

 

損切りの幅が広がっていく

チャネルライン 損切り

例えば、上昇トレンド中にアウトライン売りエントリーしたとします。

アウトラインを根拠にエントリーしたので、損切りの場所は、アウトラインをぬけたところになりますね。

このとき、画像を見ると、損切りの幅がどんどん広がっていくのがわかりますね。初心者がこのエントリーをすると、塩漬けポジションの原因になるので、オススメできません。

 

アウトラインでエントリーするときは、かなりの根拠を持った上でエントリーしましょう。

 

まとめ

チャネルラインの役割は、

  • トレンドの値幅を予想する
  • ブレイク後の値幅を予想する
  • トレンドの向きを確かめる

この3つです。

 

いくらトレンドの値幅が予想できたからといってエントリーするのは時期尚早。

チャネルラインだけでのトレードは危険です。

 

必ず、

「サポートと移動平均線がかさなっている」

などの根拠をかさねてください。

そうしてはじめて、

「次の波もチャネルラインに沿うんだろうな」

と予想できます。

 

今すぐ、

チャートを開いて、チャネルラインを引いてみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.