トレードで成功する人と失敗する人を徹底比較~FX編~

成功 失敗 アイキャッチ

自分が尊敬するあの人に近づくにはまず自分とその人の格差をうめる。

同じ結果がでないなら何かが違う。

つまり、真似る。

ですが、真似てばかりではただの質の悪いコピーになります。

なので、基本を学ぶという意味で真似ることが大切です。

 

あなたはきっとオリジナリティーを持った人間です。

自分の考えを持っており、人と同じことをするのは嫌だと感じるかもしれません。

ですが、やはり最初は真似てほしいです。

 

真似る=そいつと同じ、ではなく
真似る=基礎を学ぶ、という精神で、
成功したトレーダーの考え方は真似ていきましょう。

 

今回は成功するトレーダーを失敗するトレーダーの違いを

  • 売買ルール
  • 資金管理
  • 感情コントロール

という3つの視点から解説します。

トレードで成功するために必要な3つの柱です。

詳しくはメルマガそのものやメルマガ登録したときに、
プレゼントされる動画で解説されています。

 

メルマガ登録はコチラ!
http://act-trader.com/post_lp/movie-present/

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

どんな売買ルールを使うのか?!

成功 失敗 どんなルール

損をするトレーダー

損をするトレーダーは、

売買ルールを使いません。

 

とりあえず感情でトレードしています。

「エントリーしたくなっからとりあえずトレンドラインでも引いてエントリーポイントでもさがすか」

といった感じです。

つまり、適当なトレードをしている人ですね。

あまり勉強をしていません。

自分なら簡単に利益が出せるという間違った自信を持っています。

自信をもつことは大切ですが、自分には簡単にできると思うことは自信ではなくただの傲慢です。

あなたのまわりにも大きな目標を宣言し、全く進展していない人がいるでしょう。

その人たちはそんな自信かです。

 

では、「正しい自信とはなんだ?」

という質問がでてくるでしょう。

正しい自信とは、

「大きな困難はあるだろうがどんな困難も自分なら乗り越えられる」

と信じることです。

難しいことを成し遂げるために必要なのはこの自信です。

 

プラスマイナスゼロのトレーダー

プラスマイナスゼロのトレーダーは、

本やブログに書いてある売買ルールでトレードします。

 

この人たちは本やブログをしっかり読んでいるので勉強しています。

やる気もあります。

しかし、稼ぐことができません。

稼ぐトレーダーとの違いはなんでしょうか?

この人たちはもう一手間加えるだけで稼ぐトレーダーの仲間入りができます。

 

利益をだすトレーダー

利益をだすトレーダーは、

1つの売買ルールを見つけるとそのルールが本当に儲かるのかを検証します。

 

例えば情報商材に儲かる方法が書いてあったとして、そのまま使うのではなく過去チャートを使って「本当に儲かるだろうか」と検証してから実践にうつします。

こうすることで売買ルールが守れるようになります。

トータルで利益がでる確信を持てるからです。

 

どう売買ルールを使うのか?!

成功 失敗 ルールをどう使う

損をするトレーダー

損をするトレーダーは、

負けるたびに売買ルールを変えます。

 

良い売買ルールであっても勝率100%ではありません。

連敗はあります。

そんなときにすぐに売買ルールを変えてしまいます。

なので、

負ける→変える→負ける→変える→負ける

この繰り返しです。

「良い売買ルールはトータルで利益がでる」

ということを覚えておいてください。

 

プラスマイナスゼロのトレーダー

プラスマイナスゼロのトレーダーは、

同じ売買ルールを使い続けています。

 

今儲かる売買ルールが10年後儲かるかと言われるとそうではありません。

相場は季節のように変わりゆくものです。

季節が変われば服装もかわるように、
売買ルールが機能しなくなれば売買ルールも変えていきましょう。

 

利益をだすトレーダー

利益をだすトレーダーは、

常に売買ルールを改良します。

 

「一度稼げたからよし」

「できるようになったからよし」

ではなく、常にルーキーとして学び続ける姿勢が大切です。

これは人生において言えることです。

 

取引量の決め方

成功 失敗 取引量

ここからは資金管理にはいります。

損をするトレーダー

損をするトレーダーは、

取引量は気分で決める。

 

損をするトレーダーは感情に従います。

例えば心理学的に人間は怒りの感情があるときに行動的になります。

そうゆうときに大きくでて取引をしてしまいます。

もう一つあげると、一回損をしたときに一回のトレードで取り返そうと倍の取引量でトレードしてりします。

こんなトレードをマーチンゲール法と呼びます。

マーチンゲール法について詳しくはコチラ
最恐の投資手法マーチンゲール法とは!?検証した結果を大公開!

 

プラスマイナスゼロのトレーダー

プラスマイナスゼロのトレーダーは、

少ない取引量でトレードします。

 

この場合は損失もでませんが利益もでません。

僕は初心者の頃はこの資金管理でした。

 

利益をだすトレーダー

利益を出すトレーダーは、

資金管理の戦略を持っています。

 

バルサラの破産確率表を確認して、自分がどれぐらいのリスクをとっているのかをしっかり把握しています。

リスクはパーセンテージで認識するので、資金が増えれば取引量を増やしたり、資金が減れば取引量を減らしたりと、正しく取引量をコントロールできます。

上手くポジションサイジングができているということですね。

バルサラの破産確率について詳しくはコチラ
バルサラの破産確率の全てを公開

 

感情コントロールについて

成功 失敗 感情

損をするトレーダー

損をするトレーダーは、

トレードルールではなく利益だけに目を向けています。

 

損をする人はルールを決めずにいきあたりばったり。

なにか稼げそうという感覚のもとでトレードしています。

トレードルールがいらないと思っています。

 

プラスマイナスゼロのトレーダー

プラスマイナスゼロのトレーダーは、

トレードルールは持っていますが守れていません。

 

この人たちは勉強しているので、ルールは持っています。

ルールは持っていますが、守ったり守らなかったりで中途半端なトレードをしています。

トレードルールが大切であることはわかっています。

ルール守れない理由は検証していないので儲かる確信がないからです。

 

利益をだすトレーダー

利益をだすトレーダーは、

トレードルールを守ります。

 

トレードルールの大切さを理解して検証した上で、
トータルで稼げる自信を持ってルールを守ります。

なので、感情に流されないトレードができています。

 

まとめ

トレードで成功する人、失敗する人の違いはご理解いただけたでしょうか?

損をするトレーダーの特徴に当てはまった人はいきなり利益をだすトレーダーになるのは難しいと思うので、まずプラスマイナスゼロのトレーダーになってください。

結果を変えるにはすこしづつでもいいので、
考え方を変え、行動を変えることが大切です。

 

では、今回もありがとうございました。




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!