トレードで勝ちたいですか?

Yes     No

   

FXで失敗しない!!本当のデッドクロスの見方と使い方

 
ゴールデンクロス デッドクロス

この記事を書いている人 - WRITER -

ゴールデンクロスしたら買うのか。

デッドクロスしたら買うのか。

ぐちゃぐちゃにクロスする移動平均線

すべてのクロスを信じていれば、レートの動きは検討もつかない。

本当に信頼できるクロスはどれ?

 

移動平均線でだれでも学んでいるシグナルの1つがゴールデンクロス、デッドクロスですね。

僕はこのシグナルを知ったときに、

「めっちゃ簡単だ。試そう。」

と思ってデモトレードで試しました。

 

1回目はなぜか成功しましたが、その後はあまり成功しませんでした。

つまり、ゴールデンクロスとデッドクロスの信頼度はあまり高くないです。

理由はだましがめっちゃ多いからです。

 

でもこんな指標を味方につける方法もあります。

全く使えないことがこんなに有名になるわけはありません。

今日でゴールデンクロス、デッドクロスの使い方をマスターしましょう。

では、今回もよろしくおねがいします。

 

 

ゴールデンクロスとデッドクロスとは?!

ゴールデンクロス デッドクロス とは

ゴールデンクロスとは、

  • 短期移動平均線が長期移動平均線を上にぬけること

 

デッドクロスとは、

  • 短期移動平均線が長期移動平均線を下にぬけること

 

です。

画像では赤丸で囲んだのがドールデンクロスで、
水色で囲んだ部分がデッドクロスです。

 

ここでの短期移動平均線は期間が短いほうの移動平均線で、
長期移動平均線は期間が長いほうの移動平均線です。

例えば、75EMAは200EMAとクロスするときは短期移動平均線、
25EMAとクロスするときには長期移動平均線として使います。

 

ゴールデンクロスは上昇傾向を表わすシグナルで、
デッドクロスは下降を表わすシグナルです。

 

  • ゴールデンクロスがでたので上昇トレンド
  • デッドクロスがでれば下降トレンド

この考え方はNGです。

ゴールデンクロス、デッドクロスはあくまでもトレンドがはじまる可能性です。

「じゃあ、どこでトレンドははじまるんだ?」

という人はコチラの記事をご覧ください。
FXで最も重要!!ダウ理論によるトレンド転換の考え方

 

移動平均線の弱点

移動平均線の弱点はズバリ、

レンジに弱いことです。

移動平均線はレンジでは使い物になりません。

 

ゴールデンクロス デッドクロス レンジ

レンジの移動平均線はこんな状態。

レンジではゴールデンクロス、デッドクロスめっちゃでます。

全部だましぐらいの勢いでだましです。

 

レジスタンス、サポートとして働く?

レンジ中はぬけ放題です。

そう思ってエントリーすると上昇や下降の真ん中でエントリーしているので、損切りの連続です。

 

逆に、こんな状況になっていれば「今はレンジだ」と判断できるのが、
移動平均線のいいところです。

スピードの移動平均線です。

シグナルのはやさでダウ理論をサポートできます。

 

ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方の一例

デッドクロス FX

この黄色のデッドクロス。

これはエントリーしてもいいデッドクロスです。

 

  • 理由は青いラインをぬけた時点でダウ理論で売り目線
  • 水平線に当たっている
  • 移動平均線がレジスタンスをして機能している

このように根拠が重なった場合はエントリーOKです。

 

デッドクロスでエントリーしたというよりは、
「デッドクロスはエントリー根拠の1つとして使った」
というのが正解です。

 

ゴールデンクロスとデッドクロスはトレンドが出た場合、

  • トレンドがはじまるかもしれないと思う
  • 他の根拠があればエントリーしてみる

この対応です。

 

まとめ

ゴールデンクロスとデッドクロスはだましが多いです。

見るときは「かもしれない」ぐらいの感覚で見てください。

 

使うときは他の根拠と合わせて使ってください。

移動平均線の使い方は、移動平均線の解説をした記事の使い方が最もメジャーです。

エントリーで移動平均線を使いたい方は、
コチラの記事もあわせてご覧ください。
コンボ技が最強!!FX初心者必見の移動平均線の見方と使い方

 

今回もありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.