簡単解説!ダウ理論って何?

ダウ理論 アイキャッチ

みなさんダウ理論って知ってますか?

トレードをしている人なら必ず一度は聞いたことのある言葉だと思います。一方でその中身をきっちり理解している人は少ないのではないかと思います。

それではなかなかFXをはじめ他のトレードでも勝てないですね。

「買いのポジションをもっては下がって売りのポジションをもっては上がっての繰り返し」
「トレンドの移り変わりがまったく把握できない」
といった経験はないですか?

その理由はダウ理論をしっかり理解していないからですよ!

そんな経験をしていてダウ理論を知らない方には今回の記事は是非読んでいただきたいと思います。

私自身もダウ理論を知らない間はトレンドが全く把握できずにチャートを分析できていませんでした。ですが、ダウ理論を知ってから市場がどんな状況にあるのかを理解できるようになりました。

このダウ理論はチャート分析するにあたって必須の項目なので今日で覚えてしまいましょう!

では記事を読んでみてください。

ダウ理論

チャールズ・ダウ

チャールズ・ダウ

Wikipediaより引用

この写真の人物はチャールズ・ダウといってダウ理論を発表した人物である。チャールズ・ダウは金融ジャーナリストでアメリカではじめてまとまったチャート分析理論を作ったとして有名になった。

ダウ理論は100年以上も有効だと信じられていてトレーダーに学ばれ続けている。そして、為替レートはトレーダーの心理で動いているのという前提で多くのトレーダーが有効と信じているこの理論は十分に学ぶ理由はあるだろう。

今から6つのダウ理論を紹介していく。

1.為替レートはすべての事象を含む

為替レートには各国の経済状況や金利、政府の要人による発言や中央銀行の金融政策などの「ファンダメンタルズ」の影響や、投資家による新規注文や損切りや利益確定などの心理的な要素が常にはたらいていることになる。

為替レートが日々変動する原因はこれらの情報があるからであるが、逆に見てみるとチャートはすべての情報を含んでいることになる。

よって、為替レートはすべての事象を織り込んでいるというチャールズ・ダウの理論は「チャート分析がトレードにおいて最重要である」と言うことを主張している。

2.トレンドには3種類ある

ここでのトレンドの3種類とは短期トレンド、中期トレンド、短期トレンドの3種類である。

・「短期トレンド」(1時間から1ヶ月程度)
・「中期トレンド」(数週間から数ヶ月程度)
・「長期トレント」(1年から数年程度)

長期トレンドは中期トレンドと短期トレンドが集まったもの、中期トレンドは短期トレンドが集まったものと考えればよい。また、中期トレンドではアップトレンドで短期トレンドではダウントレンドなんてこともよくある。

これについてはこの記事でもふれてある↓
FXの定番!トレンドの転換点と利益の出し方

3.主要トレンドは3段階で形成される

チャールズ・ダウは単に値動きだけではなくトレンドは3つの段階で形成されている指摘した。
例はアップトレンドである。

第1段階
抜け目のない優れたトレーダーたちが買い集めをする。
この時点では値動きはゆるやかである。

第2段階
この波に気づいたトレーダーがどんどん買いの注文をいれてトレンドが勢いがでる。

第3段階
第1段階で買い集めをしたトレーダーたちがポジションを手じまいしてしばらくするとトレンドが終わる。

4.トレンドは複数の指標で確認されなければならない

ダウが生きていた19世紀後半にどのぐらいのテクニカル指標があったのかはわからないが、複数のテクニカル指標があるときはすべての指標で同じシグナルが出ていない場合はきっちりしたトレンドとは認められないとゆう主張である。

まったく同時に同じシグナルを出していなければならないわけではないが、「テクニカル指標は複数みよう」ということだ。

5.トレンドは出来高によっても確認されなければならない

トレンドは単に相場の動きだけではなく出来高がともなったトレンドが重要だという主張である。

例えば、アップトレンドの時に出来高が多いと買いのポジションを持っている人が多いとゆうことになる。そこで出来高がともなったトレンドこそが強いトレンドとゆうことになる。

この出来高は株式では非常に有効な理論となっているがFXでは正確な出来高がなかなかわからないので使いにくい。

とはいっても、FXは株式以上に世界中のトレーダーをあいてにしていることにはなるのでその世界中のトレーダーが学んでいるダウ理論の1つとして知っておくにこしたことはない。

6.トレンドは明確な終わりのシグナルが発生するまで続く

みなさんご存じのとおり、トレンドにはアップトレンド、ダウントレンド、そして方向性のわからないレンジ相場がある。この3つのトレンドはランダムに変わり続けているわけではない。

海での潮の満ち引きをイメージしてほしい。波が満ち足り引いたりするなかで満ち潮ならどんどん前の波よりも浜辺に深く進んでくる。そして、引き潮の時は前の波よりもどんどん浜辺から引いていく。

このようにダウ理論ではトレンドにおいても明確な継続の条件とトレンド終了の条件を定義している。しかし、だましのがでてくるときもあるので明確なトレンド転換のシグナルを見極めるのは難しいので注意してほしい。

ここからダウ理論においてのアップトレンド、ダウントレンドの定義とトレンド転換の定義を紹介する。

アップトレンドとダウントレンド

アップトレンド、ダウントレンド定義

定義

アップトレンド
1つ前の安値を下回らずに1つ前の高値を上回りながら進んでいっている状況

ダウントレンド
1つ前の高値を上回らずに1つ前の安値を下回りながら進んでいっている状況。

トレンド転換

トレンド転換

アップトレンドの場合
アップトレンド中にトレンドが変換するときにまずアップトレンドがつづいている。そして、図の①の地点で高値を上回ることができなかった。ここでアップトレンドは終わる可能性がででくる。このあとで1つ前の安値を下回らずにせずにまた高値を上回ってアップトレンドが続く可能性もある。

一方で、図の①で高値を上回れなかった上に図の②の地点で安値を下回ってしまうとアップトレンドが終わりトレンドは転換したと考えられる。

ここで先ほどの定義のように高値を上回らず安値を下回ったので下降トレンドに突入したことになる。

ダウントレンドの転換点の説明はアップトレンドのまったく逆になるのであえて説明はしないが大切なところではあるので上の図を使って自分で確認しておいてほしい。

まとめ

テクニカル分析においてダウ理論を知っていることは必要である。特に「6.トレンドは明確な終わりのシグナルが発生するまで続く」は大切なのでトレンドの定義をしっかり覚えて理解してほしい。

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!