ロットアップの注意点!!ふざけたトレードはデモでやりましょう。

 

きたむーです。(@kitarader

 

今回はギャンブラーの素質がある人には、
読んでいただきたいです。

ちょっと学びになって、
未来の損失の対策をできます。

 

昨日雇用統計がありまして、
トレードしてみました。

デモで。

 

まあ、結論から申し上げますと、
ふざけたトレードです。

 

でも、こういうトレードも、
一応やっておいたほうがいいですよ。

デモで。笑

 

デモでどうなるのか理解できるから、

実弾でトレードするときは、

絶対にやらない。

 

デモでどうなるのか理解していないと、

実弾でも期待感でよくわからないトレードをしてしまう。

魔が差したとか言うやつですね。

 

なので、今回のトレードは、
あなたも来月やってみてください。

 

これで、実弾でのミスが1つ減ります。

 

デモトレードでは、敗北は勝利です。

1円も減りませんから。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

これぞ雇用統計でのギャンブルトレードです。

 

僕が何をしたのかというと、

チャートも見ずに、白いやじるしあたりで、

買いエントリーしました。

 

今回はデモトレードで適当に50万通貨でやりましたが、

実弾でこれをするときは、だいたい誰かが言ってたから
みたいな感じでやる人がいます。

 

それでは、結果です。

ー147,500

のほうです。

 

もう一つの、7万ぐらいのやつは適当にポチポチしていたら、
負けました。

 

1万通貨でトレードした場合で、
たったの2,950円の損失です。

今回の雇用統計は動きが弱かったですからね。

 

ロットアップするときの注意点

ここからが本題。

「これぐらいならいいか♪また動きそうなときにやろ!」

と、思った人もいるかもしれません。

 

そんな人こそ、デモトレードで、

こういうふざけたことを50万通貨とか100万通貨のような
大きな取引量で、

やっておくべきなんです。

 

なぜか、

普段より大きい通貨量でポジションを持って、
ポジション照会の画面を見たとき、
めちゃくちゃ焦ります。

 

デモトレードでさえ。

 

含み益とか含み損の金額の動き方が、
激しすぎるからです。

 

これをいきなり実弾でやってしまうと、
焦りに焦って今回のデモトレードのような結果になります。

 

だから、ロットアップするときには、
デモトレードでの練習は、必須です。

 

「この通貨量で、このレートの動きで、
含み益と含み損の動き方はこれぐらいか!」

と、必ず知ってから、ロットアップしてください。

 

この焦りを体感するために、
デモトレードで無理なトレードをしてみてください。

 

まとめ

 

ロットアップするときは、
その通貨量での含み損や含み益の動きに慣れることが大切です。

 

だから、デモトレードでは自分の資金の限界を超えて
トレードすることもおすすめです。

 

そうすることで、

 

いきなり実弾トレードで
ロットアップすることで、焦って負ける。

そんな心配は激減します。

 

 

是非、デモトレードで無理なトレードをしてみてください。

 

では、今回もありがとうございました。

 

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!