2018/01/28

FXで最も簡単!!水平線エントリーのタイミングを大公開

 
短期水平線 エントリー アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

エントリータイミングに迷うFX初心者必見です!

 

良い手法はいたってシンプル。

 

トレードルールを守れといっても守れない原因は、

  • トレードルールが多すぎるから
  • トレードルールが明確でないから
  • そのトレードルールを自分が信用してないから

だいたいこの3つ。

 

「そのトレードルールを自分が信用してないから」については、
解決策はたった一言、検証してないから。

こればっかりはどんなに良い記事でも解決できません。

どんなに高額な情報商材を買って、どんなに高額なセミナーに参加して手に入れた手法でも、検証しないとお金にはなりません。

そして、どんなにすごいトレーダーでも、あなたのかわりに検証してあげることはできません。

これは誰もが自分で超えなければならない壁です。

この記事では検証には深くふれませんが、私は裁量トレード練習君というソフトを使っています。

興味ある人は調べてみてください。

 

この記事では、残り2つの原因。

  • トレードルールが多すぎるから
  • トレードルールが明確でないから

これらの解決をしてみます。

 

もちろん前提となる知識はありますが、

  1. いたってシンプルなエントリータイミング
  2. 明確なエントリータイミングの決め方

をお伝えします。

 

前提となる知識は、ダウ理論、水平線です。

それはこちらの記事をご覧ください
あなたのトレードが激変!!FXで超重要な水平線の使い方

ダウ理論や水平線の知識に自信がない人は、先にこの記事を読んでおいてください。

紹介した記事には、長期水平線の知識がかかれています。私の長期水平線の定義は、1時間足以上で引いた水平線です。

この先1時間足以上で引いた水平線を、長期水平線。それ以外で引いた水平線を短期水平線とよぶ。

 

「エントリーやエグジットのときについ迷ってしまう」

「どうやってトレードルールを作ればいいのかわからない」

FXをはじめた人にとって宿命のように、浮かんでくるこの疑問。

 

今日で解決してしまいましょう。

この記事はあなたがFXで成功する第一歩となります。

じっくり読み込んでくださいね。

 

エントリーに短期水平線を使う理由

使い方だけでなく、短期水平線が最も簡単で論理的なエントリータイミングであることには、もちろん理由があります。

まずは理由から理解していきましょう。

 

この記事を読んでいるということは、長期水平線とダウ理論は理解している前提で解説します。

長期水平線とダウ理論についてはこちらの記事をご覧ください
あなたのトレードが激変!!FXで超重要な水平線の使い方

 

長期水平線やダウ理論を何に使うのかといえば、目線の固定でしたね。

多くの人に意識されるレートを見つけ出して、

  • 売りで攻めるのか
  • 買いで攻めるのか

を決めるのが、大きな役割です。

 

もう1つは、かなり意識されている為替レートに引くので、
利益確定に使うのが効果的だとお伝えしました。

 

そんな長期水平線の弱点が、

「pipsがかなりずれる」

です。

 

もちろんpipsがずれればずれるほど、正確なエントリータイミングはとりにくいです。

あなたも、

「長期足で引いたラインを短期足でみると、余裕でブレイクしていた」

なんていう経験はあると思います。

 

こんな長期水平線の弱点を補えるのが、

「短期水平線」です。

 

長期水平線では波が大きくてチャンスが少ないし、何pipsもずれてしまう。

じゃあ、短期水平線で正確に小さな波をとりにいこうじゃないか!

という発想で短期水平線を使います。

 

小さな波をとりにいく理由

ここまでで

「小さな波をとりにいくなんてケチなこと言うなよ」

と思われるかもしれませんので、私が小さな波をとりにいく理由をお伝えします。

 

トレードで勝つことの本質に関わるので、

「小さな波をとりにいくなんて素晴らしい!努力を積み重ねることが大切」

と思ってくれた方も読んでみてくださいね。

 

まず、トレードで稼ぎ続けるために大切な3要素を紹介します。

  1. 平均損失額を小さくする
  2. 勝率を上げる
  3. 平均利益額を大きくする

この3つの条件を満たすトレードが良いトレードです。

バルサラの破産確率で見ても0%を狙えます。

バルサラの破産確率についてはコチラ!
バルサラの破産確率の全てを公開

 

この3つの要素で誰でも確実に自分で決めれるものが1つだけあります。

どれだと思いますか?

、、、

、、、

、、、

答えは、

平均損失額です。

 

平均損失額は、損切りをすることによってコントロールできます。

ドル円の1万通貨でトレードするときに、10pipsで確実に損切りすると、平均損失額は1000円です。

つまり、平均損失額だけは初心者であろうと、プロであろう逆指値注文のやり方さえしっていれば、自分で決めることができます。

 

大きい波をとろうとすれば、自然に損切りのラインも広くなります。

小さい波をとろうとすれば、自然に損切りのラインは狭くなります。

 

1h 15m 比較

MT4で同じ4マス分の距離でも、1時間足のほうが15分足より3倍ほど値幅があるのがわかりますね。

 

「平均損失額を小さくコントロールするために、小さい波をとりにいくんだ」

という意識はもっておいてください。

 

短期水平線の引き方

短期水平線の引き方は、簡単です。

  • 高値と安値
  • 何度も反発しているところ

この2つだけです。

 

短期水平線 引き方

この15分足チャートでは、

  • 紫が長期水平線
  • 黄色が短期水平線

です。

 

紫色の長期水平線があまり反応していないように見えますが、
これこそ長期水平線の弱点がでている例ですね。

4時間足で引いたので、ずれています。

 

短期水平線 引き方 4h

これが4時間足のチャートです。

しっかり重要な高値と安値で水平線を引いて、反応していることがわかります。

 

短期水平線によるエントリータイミング

短期水平線 エントリー

エントリータイミングは簡単で、ブレイク後水平線で止まったことを確認してからエントリーです。

この場合買いエントリーなので、ダウ理論で上目線であることが前提です。

このようにダウ理論と短期水平線はペアで使います。

 

損切りは、短期水平線を下にぬけたら損切りです。

これは徹底。

 

「止まる」の基準について

「止まる」の基準は、自分で決めます。

ですが、最低限ローソク足1本の確定は待ちましょう。

ローソク足1本の確定も待てないのは致命的です。
ポジポジ病とという病気にかかっていますね。

私は、GBP/JPYでトレードしたときに、ローソク足1本の確定を待てなかった結果、20秒ほどで10pips逆流し、損切りになったことがあります。

  • 下ひげローソク足1本確定
  • 陽線2本確定

など、本数やローソク足の形についてもルールを決めてください。

 

何をもって水平線をぬけたと判断するのか

これが難しいんですよ。

ぬけたか ぬけてないか

この画像のレジスタンスを少しぬけた感じ。

これをぬけたと判断するのか、
ぬけてないと判断するのか?

正解はありません。

 

「チャート検証により明確な基準を自分で決めて守る」

これが大切。

 

微妙に水平線をぬけたとき、ぬけたと判断する人と、ぬけていないと判断する人がでてきます。これは人それぞれで問題ないです。

しかし、5分足で10pips実体ぬけでぬけてないと判断するなどはおかしいとは思いますが。

 

決めるポイントは、

  • どの時間軸で?
  • 何pips?
  • ひげか実体か?

ぐらいです。

この3つを決めて、ぬけたぬけてないの定義を自分のなかで明確にしてください。

 

短期水平線の4つの注意点

ここまで読むと、

「短期水平線ってなんてすばらしいんだ!」

「明日から、いや今から勝てる気がする」

と希望をもたれるかもしれません。

 

短期水平線は確かにドラゴンボールで置き換えると魔神ブウぐらいの強さはありますが、もちろん弱点もあります。

では、4つの注意すべき弱点をお伝えします。

 

短期水平線は引ける本数が多い

短期水平線の引き方は、

  1. 何度も反発している場所
  2. 高値と安値

でしたね。

引き方はかなり簡単ですが、それに相対して引ける本数は増えて、困惑の原因になります。

押し目候補

もちろん短期水平線をブレイクした後の、押し目買い、戻り売りを狙うわけですが、
問題は押し目、戻り目の候補が多すぎること。

もちろん1つしかないときもあれば、候補が多いときもあります。

 

「どうやってきめればいいの?」

と思うでしょう。

 

答えは、

本日3度目の自分で決めてください

 

ですが、判断基準はお伝えします。

押し目の判断

①の浅いところでエントリーする場合

メリット
→②の深いところで待っている人がエントリーできなかったポイントでエントリーできる。

デメリット
→②の深いところまでふってきた場合一度損切りとなる。損切りは②の深いところに設定した場合は損切りの幅が広くなる。

 

②の深いところでエントリーする場合

メリット
→損切りの幅がせまく大きな利益をねらえる。

デメリット
→チャンスを逃しやすい。

 

このメリットとデメリットをふまえて、自分の正確やトレードスタイルに合う短期水平を使ってください。

 

100%反応するわけではない

やはり簡単に多くひけるので、条件が多いものよりは反応しないことが多くなります。

短期水平線 反応しない

この画像のようになります。

反応していないと判断したら、はやめにけしておきましょう。

 

でも、一番大切なのは、

「しっかり止まるまで待つ」

ですよ。

 

止まったの基準の決め方は説明しましたね。

 

止まったの基準をクリアしてからのエントリー

これはもうほんとに大切。

さっき言ったばかりな気がしますが、もう一度。

止まったことを確認してからエントリーしましょう。

 

基準は人それぞれですが、最低限ローソク足1本確定までは待つべきですね。

 

止まったことを確認後エントリーしてそのままぬけていくこともありますが、こんなときは負けを認めてください。

トレードは確率論です。

トレードに100%はありません。

 

目線はあくまでもダウ理論で固定

レジスタンスの短期水平線をブレイクしたから買い目線に切り替え。

サポートの短期水平線をブレイクしたから売り目線に切り替え。

これは間違いです。

 

買いで勝ちに行くか、売りで勝ちに行くかを決めるのはあくまでもダウ理論。

 

大切な高値、安値をぬけるまでは目線は切り替えません。

その大切な高値安値とは、

  • 安値をぬけた高値
  • 高値をぬけた安値

です。

詳しくは後でかく予定のダウ理論の記事で説明する予定です。

重要な高値、安値

画像で表わすとこのような高値と安値のことです。

 

今すぐ、

短期水平線 引いて

短期水平線を引いてみてください。

できれば、デモトレードで試すかチャート検証までしてほしいですが、
引いてみるだけでも有効であることはわかるはずです。

とりあえず引いてみましょう。

 

利益を上げたい人は、チャート検証まで。

トレードで勝ち続けるための情報は、
無料メルマガで公開しています。
https://mail.os7.biz/add/VGjO

 

まとめ

今回は、

  • 短期水平線を使う理由
  • 短期水平線の使い方
  • 短期水平線の弱点

読者様にはこの3つを覚えていただければ大満足。

記事を書いた甲斐があったと思います。

 

覚えてしまえばあとは使う練習です。

過去チャート、デモトレード、なんでも使って練習して自分の技の1つにしてください。

 

今回もありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.