初心者必見!FXで利益が上がるエントリータイミング

エントリー

 

FXをはじめて間もない時、迷いがちなのがエントリーのタイミングです。

 

ほとんどの人はFXを始めるとなると最初にテクニカル分析を学ぶはずです。
僕もそうしてきました。

 

しかし、いざトレードをしてみると曖昧な所でエントリーして負けてしまったり、どこでエントリーすればいいのかわからなくなったりします。

 

その原因は、
エントリーのタイミングについての考え方を学んでいないからです。

 

テクニカル分析を学べばチャートの動き方は分析できますが、具体的なエントリーのタイミングを教えてくれるわけではありません。

 

なので、テクニカル分析+エントリーのタイミングについての考え方も学んでFXで利益を上げるエントリーを目指しましょう。

 

 

初心者が陥りがちな3つの負けパターン

 

質問です。

 

「みなさんはどうゆう時によく負けますか?」

 

この質問に答えられなかった人は今日から答えを探してください。

 

トレードでもそれ以外のことでも、
負ける原因を見つけ対策するから勝てるようになるのです。

 

なので、まずは初心者が陥りがちな代表的な負けパターンから見ていきましょう。

 

他にもありますがここでは、

  1. ブレイクを予想してエントリーしてしまう
  2. チャートのだましにひっかかる
  3. 値頃感でエントリーしてしまう

の3つを紹介します。

 

自分に当てはまってないか確認しながら読んでください。

 

 

ブレイクを予想してエントリーしてしまう

 

レンジ相場が続いているとします。何度も何度も跳ね返っていれば次第に明確なサポートラインやレジスタンスラインが引けるようになりますね。

 

そこで、

「そろそろブレイクするんじゃないかな?」

と思って予想でエントリーしてしまうパターンです。

 

上の図のような感じです。確かにブレイクすれば大きく利益がでますが、優位性が低い手法になってしまいます。

 

レンジが続けばブレイクする可能性は高まりますがそのタイミングを予想することはほぼ無理です。

 

ブレイクを予想してエントリーをすると、結局跳ね返って含み損がでてきます。
そして、損切りしたあたりで為替レートが逆行することが多いです。

 

これはたまたまではなくて狙われています。
この手法を使うとカモになる可能性が大です。

 

 

チャートのだましにひっかかる

 

チャートのだましにひっかかる例としては、
レジスタンスラインまたはサポートラインをブレイクした瞬間にエントリーした時が多いです。

 

うえのチャートのような感じです。

 

サポートラインをブレイクした瞬間に売りでエントリーしていたらすぐに含み損をだしてしまいます。

 

こうゆうだましはよくあります。

 

また、本当にサポートラインをブレイクしたとしても下降トレンドになるとは限らず、レンジ相場になることも多いです。

 

なので、これはブレイクアウトという手法ではありますが、単体で使うなら優位性は高くない手法となります。

 

 

値頃感でエントリーしてしまう

 

「値頃感でエントリーしてしまう」と言われてもよくわからないと思うので説明します。

 

トレードをはじめて一週間ぐらいたつと、
「ドル円はだいたい113円ぐらい」
のように自分の中でどのぐらいの為替レートになるかがわかってきます。

 

そこで、ドル円のレートが105円になったとします。

 

ここで113円にもどるだろうと予想して買いでエントリーしてしまうと値頃感でエントリーしたことになります。

 

最近の為替レートが113円付近で動いていたとしても5年前はもっと高い所でうごいていたかもしれないし、安いところでうごいていたかもしれません。

 

このように、為替レートはどううごくかわからないので113円付近にもどるだろうと考えて含み損を放置してしまうとマージンコールや強制ロスカットになることもあります。

 

マージンコールや強制ロスカットになるとエントリーのタイミングだけでなく、
資金管理もできていないことになるので、
大問題のトレードをしていることになります。

 

どんな場合でも損切りは徹底しましょう。

 

 

トレードで勝つために重要なのはこの2つ!

 

ここではトレードで勝つために絶対に欠かせない知識を2つ紹介します。

 

  1. ダウ理論によるトレンドの定義
  2. 優位性の高いトレードをする

 

順に説明します。

 

 

ダウ理論によるトレンドの定義

 

エントリーにはトレンドに従ってエントリーする順張りとトレンドに逆らってエントリーする逆張りがありますが、そもそも上昇トレンドや下降トレンドの定義をわかっていないと話にならないので説明します。

 

完璧な人は読み飛ばしてください。

 

上昇トレンドの定義

 

 

上昇トレンドとは上の図のように、
高値を切り上げ、安値を切り上げている状態です。

 

 

下降トレンド

 

下降トレンドとは上の図のように、
安値を切り下げ、高値を切り下げている状態です。

 

 

レンジ

 

レンジは上昇トレンドでも下降トレンドでもない状態です。

 

上昇トレンドで高値か安値が切り上げなかったり、下降トレンドで高値か安値が切り下げなかったり、
上昇トレンドと下降トレンドの両方に当てはまらない状態です。

 

 

優位性の高いトレードをする

 

為替レートは市場への参加者の感情によってうごきます。

 

買いたい人が多いと上がるし、売りたい人が多いと下がります。

 

優位性とは、
多くの人が買いたくなって為替レートが上がりやすいタイミングや多くの人が売りたくなって為替レートが下がるタイミングのことを言います。

 

注意
優位性はあくまでも上がりやすいか下がりやすいかで100%上がったり下がったりすることではない。

 

トレードで勝ち続けるためには優位性があるポイントのみでエントリーすることが大切です。

 

じゃあ、どうやって優位性のあるポイントを見極めるのか?

 

答えは2つあります。

 

  1. 検証
  2. 利益を出している人の手法をまねする

 

 

 

まず1つ目、検証です。

 

この言葉は聞き慣れていない方も多いと思いますのでわかりやすく言い換えると、

 

「過去の結果から判断する」

 

と言うことです。

 

 

2つ目は、利益を出している人の手法をまねすることです。

 

その人が利益を出しているということはすでにその手法は検証済みで優位性があるということです。

 

ですが、本当に優位性が高く良い手法は売られていることが多いのでそう簡単には知ることはできないでしょう。

 

無料で公開されている情報は確かに良質な情報も多いですがそれですべてではないことがおおいです。

 

 

検証の方法

 

ここでは誰でもできる検証の方法を簡単に紹介します。

 

  1. 手法Aを決める
  2. 手法Aでトレードする
  3. 結果を記録する
  4. 勝った場合も負けた場合もなぜ勝てたか、なぜ負けたかを考える

 

一番簡単な方法はこのような手順です。

 

もし、半年間手法Aでトレードして利益が上がっていたなら手法Aは優位性のあるトレードと言えるでしょう。

 

優位性のないトレードで半年間利益を上げ続けることは不可能だからです。

 

そして、1年、2年と利益を上げ続ければより優位性の高いトレードになります。

 

このようにして手法Aを自分の形としていきます。

 

逆に検証した結果利益がでないとわかったならその手法はあきらめます。

 

 

まとめ

 

初心者に多い負けパターンは、

  1. ブレイクを予想してエントリーしてしまう
  2. チャートのだましにひっかかる
  3. 値頃感でエントリーしてしまう

の3つである。

 

トレードで勝つためには、

  1. ダウ理論によるトレンドの定義
  2. 優位性の高いトレードをする

 

は不可欠な知識である。

 

優位性の高いトレードをするには、実践と検証を繰り返すことがものすごく重要!

 

トレードで勝ち残っていくことははっきり言って難しいし、生活のほとんどをトレードに捧げる覚悟なしで勝ち残れるような甘いものではありません。

 

知識を詰め込んだり、検証したりといった地味な作業を淡々と継続できないようでは勝利はありません。

 

明確なビジョンをもち、豊かになれるように日々最高の努力を積み重ねていきましょう。

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!