簡単!!フィボナッチエキスパンションの見方とMT4での使い方!!

フィボナッチエクスパンション FX

自分がエントリーしたポジションがどこまでのびるのかがわかればやっぱり便利ですよね。

その1つの助けになってくれるのがフィボナッチ・エキスパンションです。

 

フィボナッチにはたくさんの種類があります。

フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーンなどです。もちろん他にもありますが例をあげるのはこのへんにしておきます。

では、今回はフィボナッチ・エキスパンションです。

 

フィボナッチシリーズで一番人気があるのは、フィボナッチ・リトレースメントです。

フィボナッチ・リトレースメントについてはコチラの記事で詳しく解説しています。
FXチャートの黄金比!!フィボナッチリトレースメントの使い方

フィボナッチそのものについても解説しているので、よく知らない人はコチラから読んでください。

 

フィボナッチ・リトレースメントは押し目や戻りを狙うものでしたね。
つまり、エントリーメインで使います。

フィボナッチ・エキスパンションはその後のエグジットで活躍します。

フィボナッチ・リトレースメントを使ってから、フィボナッチ・エキスパンションを使うイメージです。

良いコンビネーションですね。まるで、オレオと牛乳のようです。

 

ここからは、

フィボナッチ・リトレ-スメント=リトレースメント
フィボナッチ・エキスパンション=エキスパンション

と表記します。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

MT4でフィボナッチ・エキスパンションの使い方

最初にMT4での表示方法について解説します。

その後でエキスパンションの見方を説明していきます。

MT4を開いてください。

MT4 エキスパンション 1
  1. 挿入
  2. フィボナッチ
  3. エキスパンション

の順に選択してください。

 

MT4 エキスパンション 2

赤と緑の波に対してあてる場合です。

  1. ①でクリックする
  2. クリックしながら②までスクロール
  3. はなす

 

そうすると、

MT4 エキスパンション 3

こんな画面になります。

ここからあわせていきます。

 

MT4 エキスパンション 4

合わせ方は先端をダブルクリックです。

白いやじるしを書いてある部分が先端です。

ダブルクリックをすると動かせるようになります。

上昇波なら押し目、下降波なら戻り目に合わせてください。

 

こうしてフィボナッチ・エキスパンションを引きます。

 

フィボナッチ・エキスパンションの使い方

MT4でフィボナッチ・エキスパンションの引き方を覚えてもらったところでお次は見方と使い方です。

シンプルにいきますね。

 

フィボナッチ・リトレースメントは押し目や戻り目と見つけるために使いましたね。

つまり、エントリーに使います。

 

対してフィボナッチ・エキスパンションは利益確定に使います。

N計算値というやつですね。

 

N計算値とは?!

N計算値とは、

「過去の値幅は未来にもでる可能性が高い」という考え方をもとにしています。

 

例えば、上昇波があり一旦押し目をつけたあとで、次の波も同じ大きさだということです。

画像で表わしますね。

N計算値

こんなイメージです。

 

フィボナッチ・エキスパンションの見方

フィボナッチ・エキスパンションの見方は、

N計算値がフィボナッチ・エキスパンションの100のラインです。

 

上昇波とその押し目や、下降波とその戻り目をつくった後で「その後どこまで進むのか?」という目標を判断するために使えます。

 

エキスパンション 3

このチャートで言うと、Aの押し目でエントリーできたとすると、Bのフィボナッチ・エキスパンション100で利益確定します。

 

フィボナッチ・エキスパンション61.8と161.8について

では、61.8と161.8は飾りか?というお話になります。

段階としては、

61.8が第一目標。
100が第二目標。
161.8が第三目標です。

つまり、61.8をブレイクしてからエントリーポイントを探してもいいということです。

 

エキスパンション 4

第一目標の61.8を越えれば次は100を目指すことになります。

100を越えれば次は161.8です。

このチャートでは、61.8を越えてから100を目指そうというところでたまたま何度も反応している水平線がレジサポ転換しています。

しかも、ダウ理論で見ても上目線です。

こんな根拠がそろっているときに関しては、フィボナッチ・エキスパンションはエントリーにも使えてしまいます。

フィボナッチ・エキスパンションは利益確定に使うと言いましたが、目標確認と次の戦略を立てるために、エントリーしのがした波でも引く価値はあります。

 

まとめ

フィボナッチ・エキスパンションについては理解できましたか?

 

フィボナッチといえばリトレースメントが一番人気で有名です。

なので、最優先はフィボナッチ・リトレースメントの学習です。

もちろん理由はみんなが意識するからですね。

 

フィボナッチ・エキスパンションはダウ理論、水平線、トレンドライン、フィボナッチ・リトレースメントなどの重要で人気あるものを使いこなしてから判断基準の1つとして追加するのがいいでしょう。

 

フィボナッチ・エキスパンションは主にはN計算値の利益確定に使いますが、エントリーの根拠にもできます。

しかし、補助的なツールではあるのであくまでも他の根拠との併用で使うようにしてください。

 

では、今回もありがとうございました。

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!