金融庁が規制見直し検討?!2018年にはFXのレバレッジが10倍に?!

レバレッジ 規制

2017年9月27日。

FXトレーダーにとってはかなり衝撃的なニュースが発表されました。

正直びっくりでしたね。

やるきがなくなるようなニュースです。

今のレバレッジ25倍だとドル円で取引したければ今のレートだと5万円ちょいでトレードできます。しかし、レバレッジ規制がかかった場合は最低でも10万円は必要です。

レバレッジ制限はFXの最大の魅力をつぶしてしまう。

 

ニュースがでてから2日間悩みましたね。

「FXをやめるべきなのだろうか?」

「これからもFXで稼げるのだろうか?」

「なぜこんなニュースがでてしまったんだろう?」

このニュースをみたときは正直悲観的になりましたね。

FXで稼いでいきたい僕にとっては痛いニュースです。

 

ですが、結論としては今はそんなに未来に悲観することはないと考えています。

この2日間で考えたことをあなたにシェアします。

この記事を読んであなたが僕と同じ行動をとるかはわかりませんし、それが正解とも限りません。

しかし、1つの思考として、参考として読んでいただければ幸いです。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

レバレッジ規制がかかった理由

レバレッジ 規制 理由

大見出しの下に小さな見出しがありました。

リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し

どうやら個人投資家や金融機関のリスクヘッジとして、レバレッジを制限したらしいですね。

理由はここまでで僕の意見をぶつけてみます。

 

僕はこれはやり方を間違っていると思います。

実際に比べてみましょう。

必要証拠金が5万円の場合と、
必要証拠金が10万円の場合です。

強制ロスカットは証拠金維持率が50%になったときとします。

そのとき強制ロスカットにかかれば、

必要証拠金が5万円の場合は、2万5000円
必要証拠金が10万円の場合は、5万円の損をします。

実際にレバレッジが大きい方が損失はおさえられていますよね。

少額ではじめて資金管理が全くダメな初心者にとってはレバレッジがある程度大きいほうが損失は小さくなっています。

 

 

FXでリスクはレバレッジではありません。

取引量です。

たとえレバレッジが25倍であっても1万通貨で取引して100pips負ければ1万円の損失です。
レバレッジが10倍でも5万通貨で100pips負ければ5万円の損失です。

確かにレバレッジを大きくすると取引量は増やしやすくなりますが、
取引量が損失や利益を決めるのであって、レバレッジが決めるのではありません。

なので、レバレッジ規制は少し見当違いです。

 

レバレッジを制限しようがしまいが結局大きいポジションを持てば損は大きくなるし、小さいポジションを持てば損は小さくなります。

 

破産者をなくすために金融庁にやってほしいこと

ここまでさんざん言ってしまいましたが、これをしてもなお個人投資家や金融機関の損失に気を使ってくれるというならば文句はありません。

先にこっちしてほしいです。

それは、

ゼロカットシステムの義務化です。

 

ゼロカットシステムというのは資金が0によりも少なくならないようにすることです。

大切な指標発表前にポジションを持って、損失のでる方向に動きました。

そうすると為替レートの動きが激しすぎて、損切りの注文ができなくなります。

そして、資金以上の損失がでます。

その場合追証といって資金損失分の資金を口座に振りこまなれればならなくなります。

この追証をなくすのがゼロカットです。

 

FXは余剰資金でやるものなので、これなら余剰資金がなくなるだけですみます。

 

レバレッジ規制の政治的な側面

レバレッジ 規制 政治

このレバレッジは政治的な側面もあると考えました。

1つの説として読んでください。

 

あなたはアベノミクスをご存じですか?

3本の矢があります。

  1. 大胆な金融緩和
  2. 機動的な財政政策
  3. 国民投資を喚起する成長戦略

この3つです。

レバレッジ規制はこのアベノミクスと垣間見えます。

まず、アベノミクスの目標としてデフレからの脱却があります。

アベノミクスがはじまってから実際に物価が上がり、企業の経常利益も上がり、株価が上がっています。

 

株価が上がるというのがポイントです。

FXのレバレッジを規制するとどうなるでしょうか?

最初にレバレッジ規制のニュースを見た僕のようにFXに魅力を感じなくなるでしょう。

あなたもそうかもしれません。

 

ここでFXに魅力を感じなくなったトレーダーたちは株に乗り換えると考えられます。

そうすると株を買う人が増えて株価が上がるわけですね。

 

金融庁は安倍政権のお手伝いをしているようにも思えます。

 

これからどうしていこうか?

レバレッジ 規制 これから

先に言っておくとFXは学び続けます。

なぜならチャートは人間心理で動いているからです。

これはトレードにおいてすべてに共通することです。

もちろん株でもいいのですが、僕は仮想通貨のほうに関心があります。

株でもいいのですがFXで取り扱うのは通貨なので、仮想通貨なら使う通貨が変わるだけです。

 

最近では仮想通貨FXというものがでてきましたが、FXで鍛えたの能力はもちろん仮想通貨FXでも使えるでしょう。

仮想通貨は今でこそ広いボラティリティがあり不安定ですが、将来的に普通に買い物に使えるようになり、そうなると価値は今より安定してきます。

今は長期投資がメインですが、こうなるとトレードチャンスです。

ドル円のような感覚です。

買いたい人が多いとレートは上がり、売りたい人が多いとレートが下がるという原理は同じなのでFXの本質がつかめていれば仮想通貨でも関係ないです。

 

ふたを開けてみるとFXの知識があまり使えなかった場合でもFXが消えるわけではないので、学ぶことにリスクはありません。

むしろ、レバレッジが規制される前に稼いでやろうとスピードを上げるべきです。

 

これから勉強することは、

  • FXでのトレードの本質や稼ぎ方
  • 仮想通貨

この2つです。

単純に興味ありますしね。

ということでこれからは仮想通貨のお話もしていこうかなと考えています。

 

まとめ

今回はレバレッジ規制のニュースについて分析してみました。

僕の意見に賛成の人も反対の人のいると思います。

僕も自分が正しいなんて思っていません。

 

FXをやめるも続けるもあなた次第ですが、とりあえずなにかに興味を持って常に学び続けていきましょう。

そうすれば成長しますし、楽しく生きれると信じています。

 

では、今回もありがとうございました。

 

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!