FXにおけるマージンコールの意味と2つの対策

マージンコール アイキャッチ

FXの最大の特徴は、少ない資金で大きな取引ができることです。

「証拠金取引の仕組み」や「レバレッジ」によるものですね。

 

他の投資やトレードよりも大きいレバレッジをかけて取引できるので、
大きい利益が狙いやすいのが、FXの魅力です。

 

一方で、大きなリスクをとることになります。

レバレッジが最大で25倍までかけられるので、
自分が持っている資金以上の損失をだしてしまう可能性もあります。

 

そうならないために、FX会社が行っている対策が、
マージンコールです。

 

本当は、FXをする時は、マージンコールとは無縁であってほしいですが、
かかってしまった時のために対策が必要なので、
理解しておきましょう。

 

今回は、

  1. マージンコールとは
  2. どんな時にマージンコールにかかるのか?
  3. マージンコールにかかった時の2つの対策

 

というテーマです。

 

では、本題にはいります。

 

 

マージンコールとは?!

マージンコールとは、FXにおいて大きな損失から身を守るシステムの1つです。

スポーツで例えると、イエローカードです。

 

先ほども説明したように、FXでは自分が持っている資金以上に、
大きな取引ができるので、数十万の資金を短期間で数百万に増やすことも可能です。

 

しかし、その分のリスクもあって、
自分の資金以上の損失がでてしまう危険があります。

 

マージンコールは、そうならないように、トレーダーに、

「危ないので口座を確認してください」

と、警告するシステムです。

 

無視して取引を行うと、強制ロスカットにかかるでしょう。

こちらは、レッドカードなので、ポジションを強制的に決済されることになります。

 

では、マージンコールがどんな時にかかるのかを、見ていきましょう。

 

 

マージンコールがかかるタイミング

マージンコールは、証拠金維持率がFX会社の定めた水準を、下回るとかかります。

 

例えば、

証拠金は10万円で、1ドル=100円の時、2万通貨で買いポジションを持ったとします。
使っている口座のマージンコールの基準は、
証拠金維持率が100%以下です。

次に、1ドル=98円に為替レートが下がりました。

この証拠金維持率は、下の画像のようになります。

証拠金維持率計算

これは、ポジションを持った段階です。

必要証拠金、有効証拠金、証拠金維持率については、
コチラの記事をご覧ください。
「FXでの証拠金とは?その仕組みと計算方法を徹底理解」

 

証拠金維持率計算2

こちらは、買いポジションを持った状態で、1ドル=98円になった時です。

有効証拠金の公式は、

<有効証拠金=証拠金-含み損>

でしたね。

含み損が、2万円でている状態で、証拠金は10万円なので、
有効証拠金は8万円に減りました。

 

この時に、FX会社が定めた証拠金維持率100%以下という基準を下回ったので、
マージンコールが発生します。

 

マージンコールが発生する基準は、FX会社によって様々ですが、
100%ほどが多いです。

 

有名なFX会社で、マージンコールの基準を表にしてみます。

 

FX会社名 マージンコールの発生基準
DMM FX ニューヨーク時間が終わった時に、証拠金維持率100%以下
GMOクリック証券 ニューヨーク時間が終わった時に、証拠金維持率100%以下
YJFX! 証拠金維持率が100%以下
マネーパートナーズFX 証拠金維持率が100%以下
楽天証券 証拠金維持率が100%以下
SBI FX 証拠金維持率が100%以下と60%以下で警告メール
ヒロセ通商 証拠金維持率200%以下
FOREX.com 証拠金維持率125%以下
アイネット証券 なし

 

このような感じです。
アイネット証券のように、マージンコールがないFX会社もあるので、
自分でも証拠金維持率には、注目する必要があります。

 

 

マージンコールにかかった時の2つの対策

 

マージンコールにかかったら対策は2つです。

  1. 証拠金を増やす
  2. 損切りしてポジションをなくすか軽くする

 

順に説明します。

 

証拠金を増やす

証拠金維持率の計算式を見て、証拠金維持率を上げる方法は、

  1. 必要証拠金を減らす(ポジションを軽くする)
  2. 有効証拠金を増やす(証拠金を増やす)

の2つです。

 

その中でも、証拠金を増やす方法は、オススメしません。

確かな根拠があるならば止めませんが、マージンコールにかかるということは、
カツカツの証拠金でトレードをしていることになります。

 

ここで、証拠金を増やすことは、
損できる量を増やすことになるので、オススメしません。

 

証拠金を増やす時は、

自分のトレードルールでトレードし、感情コントロール、資金管理共にできた上で、
多くお金をかけても大丈夫というポジティブな理由の時です。

 

 

ポジションを軽くする

こちらは、必要証拠金を減らす方法です。

アクトトレーダーズでは、断然コチラをオススメします。

 

証拠金を追加して、泥沼にはまるリスクがなくなるからです。

ここで、損切りができると、
自分のトレードルールを見直したり、資金管理を見直したりと、
反省点が見えてきます。

 

損切りの大切さは、いつもお伝えしていますが、
ここで損切りすることは、自分のトレードを見直し、反省するチャンスとも、
言うことができると思います。

 

 

まとめ

マージンコールについてはご理解いただけたでしょうか?

 

マージンコールは、確かにトレーダーを守るFX会社の措置ではありますが、
あなたがFXをギャンブルではなく投資ととらえているならば、
マージンコールにかからない水準のトレードをするでしょう。

 

FXでは、あえてリスクをとる人もいますが、
安定して稼ぎたい方に、このリスクの取り方は向いていません。

 

では、がんばりましょう。

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!