来月には一文無し!?絶対に引いてはいけないトレンドラインとは

 
間違ったトレンドライン アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

「あなたのトレンドラインは本当にトレンドラインですか?」

この質問に自信を持って「Yes!」と答えられない場合要注意です。

トレンドラインは引き方を覚えてもトレンドラインではないラインをトレンドラインだと勘違いすることは危険です。

もう一度言っておきますね。

トレンドラインではないラインを引いて別の使い方をする方法はあります。
ですが、トレンドラインではないラインをトレンドラインだと勘違いして引いているのは、大問題です。

 

あなたにとってのトレンドラインの定義は何ですか?

 

私もかつては、

「2つの高値を結んだラインがトレンドラインだ」

「2つの安値を結んだラインがトレンドラインだ」

と思っていました。

 

この定義では危険です。

確かに間違ってはないのですが、証拠不十分。

 

間違ったトレンドラインを勘違いして使ってしまうと、
もちろん狙った結果はでません。

 

トレンドラインは初心者のときから学びますが、性格にに理解してない人が多いように思います。

 

トレンドラインを使いこなすことはこの先あなたの大きな武器になりますが、
使いこなせなければ自分を傷つけます。

例えると、最初のほうのナルトが九尾の力を使いこなせずに、待ちを破壊したり見方に攻撃するかんじになります。

わからない人はすみません。

 

とりあえず自爆になると言いたいです。

 

これ以上損失を拡大させないためにも、
続きを読んでみてください。

 

  1. トレンドラインに関するクイズ
  2. 明確なトレンドラインの定義
  3. 使い方の復習

こんな情報が書いてあります。

 

 

これはトレンドラインですか?!

トレンドライン クイズ

いきなりですが、問題です。

「これはトレンドラインですか?」

、、、

、、、

、、、

答えとその理由まで考えてください。

、、、

、、、

、、、

しっかり考えてから答えをみてくださいね。

、、、

、、、

、、、

 

正解は、

トレンドラインではありません。

トレンドライン クイズ 解説

理由は、②のあとの安値が①のあとの安値を超えていないからです。

下降トレンドが発生する条件は、安値と高値を共に切り下げることでしたね。

このラインは、高値しか切り下げてないので、トレンドラインとは呼びません。

 

でも使えないわけではありません。切り下げラインと言われていて、エントリーのポイントとして使います。

切り下げライン

ダウ理論で、大きな波は上昇トレンドになっているという条件で、
切り下げラインを上にブレイクしたところで買いのポジションをもつのが正解です。

 

同じななめ線でもトレンドラインとは使い方が違います。

右下に下がるトレンドラインは下降トレンドのときに引く物ですが、切り下げラインは形は同じでも上昇トレンドのときに引きます。

クイズの解説はこのへんにしておきます。

 

ちなみに最初からクイズのラインが、切り下げラインであることをわかった人は、この先は読まなくても大丈夫です。

とくに得るものはありません。

そのかわりにメルマガに登録でもお願いします。

テクニカル分析がすでにできている人にとって、かなり有益な情報が書いてあります。

 

では、トレンドラインの定義を明確にして、使い方の復習をしていきます。

 

明確なトレンドラインの定義

トレンドラインの明確な定義はをご紹介します。

上昇トレンドのときは、
「トレンド発生中の安値どうしを結んだライン」

下降トレンドのときは、
「トレンド発生中の高値どうしを結んだライン」

言葉ではわかりにくいので画像を使います。

トレンドライン 論理

これがトレンドラインです。

何度も言いますが、

上昇トレンドラインは、高値を切り上げ安値も切り上げたときに安値どうしを結んだライン。

下降トレンドラインは、高値を切り下げ安値も切り下げたとき高値どうしを結んだライン。

です。

そうでなければ、切り上げ切り下げラインか、なんの意味もないラインです。

 

トレンドライン でき方

このあたりでトレンドラインができる予想でラインをを引いてもいいですが、
トレンドラインとして認識するのは、あくまでも前の高値をこえてから。

 

トレンドライン できた

こうなってはじめてトレンドラインです。

ここではじめて、次の安値でトレンドラインに、反発期待の買いエントリーで高値更新を狙うトレードの根拠になります。

しかし、エントリーは他の根拠とあわせるものなので、トレンドラインに反発期待のみでエントリーするとほとんど負けるので注意してください。

 

では、最後にもう1問

トレンドライン ラスト

「これはトレンドラインですか?」

、、、

、、、

、、、

答えはわかりましたか?

、、、

、、、

、、、

正解は、

今回はトレンドラインです。

 

トレンドライン ラスト 解説

安値と高値を共に切り下げています。

正真正銘のトレンドラインです。

 

トレンドラインを引くときのもう一つの注意点は、

「どの波をみているのかきっちり把握すること」

です。

 

為替レートは、小さい波が組み合わさって大きな波になっています。

なので、自分がどの波を見ているのかは常に注目してください。

 

今すぐ!

では、いますぐチャートを開いて正しいトレンドラインを引いてみてください。

 

まとめ

今回覚えてほしかったのは、

本物のトレンドラインです。

 

これからは間違ったトレンドラインは引かないように気をつけてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.