5分でできる!FXのpips計算の方法

んにちは。(@act_fx

 

FXをはじめて最初につまずくのはpips計算だと思います。

 

いろんな本やブログを読んで確認してみますが、
ドルストレートとクロス円とその他の通貨で計算方法が違ったりして,なかなかすぐにはできないと思います。

 

FXでpips計算を理解するためには実際にデモでいいのでトレードしてみて、
計算してみるのが一番です。

 

検証の時などについでにやってみてください。

 

 

pipsとは?!

 

pipsを一言で言うと、
為替レートが動くときの最小単位です。

 

~/円通貨の場合
1pips=0.01円=1銭

(例)
為替レートが、
110.300→110.310の時
1pips為替レートが上がった。

 

 

~/ドルの場合
1pips=0.0001

(例)
為替レートが、
0.76100→0.76110の時
1pips為替レートが上がった。

 

 

pipsという単位がある理由

 

FXの会話をしているときによくでてくるのが、
「○○pips勝ちました。」や「○○pips負けました。」
と、いった言葉ですね。

 

このpipsというのはFXにおいて、為替レートが動くときの最小単位ですが、
通貨の共通単位とも言えます。

 

昔日本でいろいろな長さの単位があってややこしすぎるのでセンチメートルという単位でものさしを作ったイメージです。

 

通貨単位も「円」「ドル」「ユーロ」「ポンド」「セント」「ペニー」などたくさんの単位があります。
それらを客観的に比較できるようにするために値動きの幅を表わすことができるpipsがあります。

 

もし、利益の幅を実際の円やドルで表わすとレバレッジや取引数量(Lot数)で大きく結果が変わります。
しかし、pipsで表わすとトレードを値幅だけで見ることができるのでトレーダーの本当の実力がわかります。

 

例をあげます。
この例は今わからなくてもこの記事を読み終えた頃には楽勝でわかるようになってます。

 

Aさんのトレード
2Lotで取引。
ドル円レート113.000で買い。
ドル円レート114.000で決済。
Bさんのトレード
1Lotで取引。
ドル円レート113.000で買い。
ドル円レート114.500で決済。

実際の利益を円で表わすと、
Aさんは、20,000円
Bさんは、15,000円
です。
Aさんのほうが稼いでますね。

次にpipsで表わすと、
Aさんは、100pips
Bさんは、150pips
なので、Bさんのほうが大きい値幅で勝っています。

 

値幅をとれているということはBさんのほうがエントリーやエグジットのタイミングはよかったと言えます。

 

このように、トレードそのものを客観的に見るときにpipsは便利です。

 

 

実際のFXにおけるpips計算の方法

 

ここからは実際にpipsを使って損益計算していきましょう。

公式を紹介してから条件をだして具体的に計算していきます。

 

 

~/円通貨の損益計算

 

公式は、
損益金額(円)=変動幅(pips)×Lot数×100
です。

 

条件


ドル円を1Lotで買いエントリー。

為替レート113.000→113.500
0.01(円)=50pips上がった。

公式に当てはめると利益は、
損益金額(円)=50(pips)×1×100
           =5000(円)

となります。

1Lot=1万通貨

 

 

~/ドル通貨の損益計算

 

公式は、
損益金額(円)=変動幅(pips)×Lot数×ドル円レート
と言いたいですが、正確には違います。

 

ドル円レートが常に動き続けているので手で計算はできません。

 

 

それぞれの瞬間において円換算された1pipsの値を求めることはできますが、
わけのわからないことになります。

 

なので、だいたい公式どおりといった感じにする。

 

もしくは、ドル円レートが1ドル=110円なら、
~/円の時と同じ計算をして110÷100=1.1でだいたい1.1倍ぐらいかな。
といった感じでいいです。

 

上の2つのどちらでもない通貨

 

公式は、
損益金額(円)=変動幅(pips)×Lot数×右側の通貨のクロス円レート
と言いたいですが~/ドルの時と同じくだいたいになります。

 

ポジションをもつ時間が長くなると誤差がおおきくなって誤差ではなくなるので、
~/円以外の時は機械に計算してもらうべきです。

 

 

pipsと損益の関係

 

トレードの損益をわざわざ1回のトレードごとに計算するのは面倒だと思うので、
だいたい何Lotで何pips動いたらどのぐらいの損益金額になるのか覚えておきましょう。

 

  1(Lot) 5(Lot) 10(Lot) 50(Lot) 100(Lot)
1(pips) 100(円) 500(円) 1,000(円) 5,000(円) 10,000(円)
10(pips) 1,000(円) 5,000(円) 10,000(円) 50,000(円) 100,000(円)
100(pips) 10,000(円) 50,000(円) 100,000(円) 500,000(円) 1,000,000(円)

 

ドル円の時はこのぐらいの損益金額になります。
1Lotの時だけ覚えて他はかけ算でもとめるのがおすすめです。

 

 

まとめ

 

結局pips計算は~/円で1Lotで取引した時を基準としてだいたいで計算するのがおすすめです。

 

深く踏み込もうとすれば余計にわからなくなるので、
正確なpips計算は機械にまかせましょう。

 

FXで重要なのは知識だけではない

このブログではFXで勝つために必要な知識ベースでお伝えしています。

ですが、FXで勝つために必要なのは知識だけではありません。

では、他になにが大切なのでしょうか?

 

、、、

 

実はFXで一番大切なのは考え方です。

 

意外かもしれませんが事実です。

考え方はトレードの土台となるので、

間違った考え方をしていればどんな知識を得たとしてもそれは無に等しいです。

数学で例えると四則演算です。
足し算、引き算、かけ算、割り算が理解できないと分数はおろかなにもできないでしょう。

このブログでもたまに触れていますが、この考え方をメインに取り扱ってはいません。そして、他のブログをみてもトレードでの考え方をじっくり解説しているブログは見当たりません。

 

そこでアクトトレーダーズではトレードで勝つために最重要な考え方にフォーカスを当てた唯一無二のメルマガを発行しています。

 

さらに得点として無料動画をプレゼントします。

この動画は特別に無料ですが内容は有料級です。

この動画では、

トレードを行う上で知っておかないといけない3つのルール

●成功トレーダーが絶対身につけている3つのスキルとは

 

FX初心者や独学で勉強して成功できなかった人にはとくに心に響く内容になってます。

正しい考え方を身につけ成功への第一歩を一緒に踏み出しましょう。

 

 

 

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!