トレードで勝ちたいですか?

Yes     No

   

FXの大人気インジケーター!!RSIの基本事項と使い方のまとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

んにちは。

 

FX初心者の人のためにRSIの基本的な解説をします。

RSIはかなり有名なオシレーターなので、
一度は使ってみるのもいいかもしれません。

 

  • RSIとは何か?
  • 基本的な使い方は?
  • どこで使えばいいの?

などの基本事項から

  • パラメーターの設定
  • 組み合わせて使いやすいテクニカル分析
  • チャート実例

のような、

少し実践的な内容まで扱っていきます。

 

逆に、RSIの計算方法などの難しいことは、
紹介しません。

「初心者でもわかりやすく」

を意識してまとめた記事となってます。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

RSIとは?!

RSIは、「Relative Strength index」の略です。

一応紹介しましたが、
こういう英語の正式名称は基本的にどうでもいいです。

MT4でインジケーターを表示したいときに出てきますが、
一般名さえ覚えていれば、わかります。

 

RSIは相場での、

売られすぎ、買われすぎ。

を教えてくれます。

 

って聞くと、

「逆張りで使うんだな。」

と思うかもしれませんが、

そうとも限りません。
もちろん、逆張りでも使いますが。

 

その使い方については、
この記事の最後の方で説明するので、
まずは、基本的なところから。

 

RSIの基本シグナル

RSIはある一定期間のなかで、売り買いの傾きを
パーセンテージで教えてくれます。

RSI

これがRSIです。

右端の小さい数字がパーセンテージですね。

30%を下に回ると売られすぎ、
70%を上に回ると買われすぎ。

という判断です。

 

RSIの得意分野と苦手分野

RSI だけ エントリー

これがRSIの買われすぎ売られすぎ、
だけに注目してときのエントリーです。

黄色いやじるしがエントリーです。

右の2つはトレンドが発生していますが、
最初の4つはレンジ相場です。

 

比較的にレンジのほうが、
思った方向に動きやすいですね。

トレンドがでているときに、RSIを使うと、
一瞬だけ反発して、エントリーに対して、
逆行するパターンが多いです。

こんな理由で、
RSIはレンジで使われることが多いですね。

 

レンジでの上からショート、下からロングを
水平線だけでやるとかなり難しいですが、
RSIも併用すると、精度は高まります。

 

RSI 苦手

今度は、上昇トレンドがでているときに、
RSIでのエントリーのやじるしをうってみました。

上昇トレンド中に大量のショートのサインがでていますが、
すべてエントリーしていては踏んだり蹴ったりです。

ですが、ちょっとだけ反応しています。

なので、RSIは短期決済のトレードで、
最も力を発揮するインジケーターとなります。

逆に、トレンド中に伸ばしにいくと、
痛い目にあうことが多いです。

 

RSIの2大シグナルとは?!

RSIには大きくわけて2つ有名なシグナルがあります。

  • ダイバージェンス
  • リバーサル

です。

この2つやっていることは、
ほとんど同じです。

違うのは考え方ですね。

 

ダイバージェンスは、いろんなサイトで紹介されていますが、
個人的にはあんまりです。

イイ閃きがあるかもしれないので、
知識としては持っておいて損ナシです。

 

では、順に説明していきます。

 

ダイバージェンスでトレンドの初動を見極めろ!!

RSI ダイバージェンス

RSIとローソク足に白いトレンドラインを
引いてみました。

ローソク足の価格は上がっているのに、
RSIは下がっているという状況です。

これが逆行現象のダイバージェンスです。

このチャートではダイバージェンス発生後、
ガクッと下落していますね。

このようにかなり短期的な視点で、
トレンドの終わりを予測できます。

つまり、トレンドの初動を捕らえることが
できる可能性があります。

 

しかし、相場に100%は無い上に、
オシレーターなので、ダイバージェンスだけでの
エントリーは浅はかですね。

他のテクニカル分析の補助にはいいかもしれません。

 

リバーサルで押し目買い戻り売りを狙え!!

リバーサルはトレンド強化のサインで、
2種類あります。

  • 上昇トレンドを強化するリバーサル
  • 下降トレンドを強化するリバーサル

です。

RSI

引用元:https://nikkan-spa.jp/616924

わかりやすかったので、画像を引用しました。

このサイトは画像だけでなく、
リバーサルの説明もわかりやすいので、
おすすめです。

 

リバーサルの考え方は、

上昇トレンド中の押し目で
RSIの売られすぎサインがでるだろう

ということです。

 

下降トレンドなら、

戻り目で買われすぎのサインですね。

 

実際のチャートで解説します。

リバーサル

ローソク足では安値を切り上げていて、
RSIでは安値を切り下げている状況です。

この状況下で、

押し目を作るときに
RSIが30%を下回って売られすぎたから
買ってもいいだろう

というのが、リバーサルです。

トレンドがでているときに使えますね。

 

RSIと併用しやすいインジケーター

MAやボリンジャーバンドは、
RSIと相性がいいですね。

重ねて使うと、精度が上がります。

 

移動平均線(MA)とRSI

MAと移動平均線

RSIのサインがレンジで当たりやすいことは、
紹介しましたね。

そこから出てくるアイデアは移動平均線の併用です。

移動平均線は、

  • 上に傾くと上昇トレンド
  • 下に傾くと下降トレンド
  • 横を向くとレンジ

でしたね。

この横を向くとレンジという移動平均線の
特性を活かして、
移動平均線が横を向いているときだけ、
RSIを使ってトレードすr。

という方法があります。

 

ボリンジャーバンドとRSI

MAとボリンジャーバンド

レンジ相場でボリンジャーバンドとRSIを表示してみました。

ボリンジャーバンドの2σと買われすぎが重なったところ
ボリンジャーバンドの-2σと売られすぎが重なったところ

に赤いやしるしをうってます。

 

ボリンジャーバンドはRSIとは違う仕組みで
相場の行き過ぎを判断できるインジケーターなので
RSIと相性がいいです。

RSIが得意とするレンジでも
こういう組み合わせを使ってだましを
減らしていきたいですね。

 

RSIのパラメーター設定について

RSI パラメーター

最初にこんな画面がでてきますが、
このままで大丈夫です。

期間は最初は14となっていますが、
9や25を使っている人もいます。

 

期間を変えたときの特徴は、

  • 数字が小さくなればサインが増えて、ダマシも増える
  • 数字が大きくなればサインも減って、ダマシも減る

です。

RSIの設定を変える場合は、
この変化を理解した上で、
設定を変更して、いろいろ検証してみてください。

 

まとめ

RSIの基本的な使い方について説明しました。

RSIだけでなく、インジケーターには
それぞれの得意分野と苦手分野があります。

だから、その性質を十分に理解した上で、
組み合わせて使ってみてください。

根拠を重ねてトレードの精度を上げることは、
大切なことです。

 

新しい手法を思いついたなら、

検証もわすれずに。

 

では、今回もありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2018 All Rights Reserved.