FXのスリッページとは?知って得する知識を5分で解説

FX スリッページ アイキャッチ

「あなたの資産を徐々に蝕む金食い虫」

これはスリッページのイメージです。

 

FXではスプレッドに続き、スリッページというものがあります。もし、スリッページの知識を正しく理解していなければ、あなたの口座から知らない間に少しずつお金が減っていきます。

 

スリッページはスプレッドと比べてかなり陰がうすいですが、あなたがトレードで稼いでいくためには、かなり重要な知識です。

 

5分ほどで読めるように簡潔にわかりやすく解説しますので、
是非、目を通してみてください。

 

今回は、

  • スリッページとは
  • スリッページの設定方法
  • スリッページの重要性
  • スリッページの3つの注意点

この4つを中心にお伝えしていきます。

 

スリッページとは?

スリッページとは、実際に注文した価格と違う価格で約定することです。

スリッページが発生することを、「スベる」や「スリップ」するといいます。

FX スリッページ説明

画像ではこんなイメージです。

例えば、
1ドル=110円のときに買い注文を入れたのに、
1ドル=110.02円で約定しているときですね。

 

この場合は不利なスリッページがでています。

スリッページはトレーダーにとって有利になることもありますが、ほとんどの場合は不利なスリッページが発生します。

 

スリッページが発生する理由

スリッページが発生する理由は、あなたがスマホやパソコンから注文してから、FX会社のシステムにとどいて約定するまでに、時間差があるからです。

為替レートは常に動いているので、その小さな時間差の間に動いた為替レートのぶんがスリッページとなります。

なので、為替レートの動きが激しいときは、スリッページが大きくなりやすいです。

 

PCサイトでもたくさんの人がアクセスすればアクセスできなくなるように、FX会社のシステムも数百万人以上のトレーダーの注文を同時にうけているので、システムの負担は大きいです。

スリッページが発生することは、仕方ないことだとも言えます。

 

スリッページの設定方法

スリッページを防ぐ方法はあります。

各FX会社の取引ツールでは、スリッページの許容範囲の設定ができます。

FX スリッページ 設定

この画像の赤い四角で囲んだ部分を見てください。

この場合スリッページは2pipsまで許容しています。

0.1pips単位で設定できるので、スリッページの影響が大きいスキャルピングのときは、許容範囲を小さくするなど、場合によって使いわけてみてください。

 

大きく利益が狙えるタイミングでスリッページを狭く設定しすぎて、チャンスを逃すこともあるので、相場にあわせてスリッページを設定しましょう。

 

スリッページ設定による約定可否の例

条件
スリッページは2pipsまで許容する設定。
FX スリッページ 約定

こちらは、不利なスリッページが働いていますが、約定しています。

スリッページの許容範囲が2pipsで、実際のスリッページが1pipsだからです。

 

FFX スリッページ 約定不可

この画像では、スリッページが不利に3pips発生していますが、スリッページの許容範囲を2pipsに設定しているので、注文は約定しません。

逆に、スリッページの許容範囲を設定をした場合有利なスリッページが発生しても、約定されることはありません。

 

スリッページの重さを解説

スリッページの存在感はスプレッドと比べてはかなりうすいですが、
発生したときにスプレッドと同じぐらい痛手を負うこともあります。

FX スリッページ 効果
1万通貨で取引するとき、1pipsの変動で100円の損益がでます。

 

この通貨ペアで、買い1万通貨ポジションを持つとします。

まず、スプレッドで1.1pips不利になるので、
110円のマイナスでスタートです。

 

ここで、さらに2pips不利にスリッページが働いたとすると、
310円マイナスからのスタートになります。

 

5万通貨なら、1,550円の損失からスタートです。

そして、このトレードを10回行うと、
手数料だけで、15,500円の損失がでています。

100回なら、155,000円の損失です。

 

このように、FXで稼ぎ続けようとするとこの手数料はネックになります。なので、スプレッドとスリッページが大きい口座を使用するのはオススメしません。

口座開設の時は、スプレッドの狭さだけでなく、スリッページの発生率にもこだわってみてください。

 

 

スリッページの3つの注意点

 

約定率とスリッページ発生率は違う

FX会社のホームページで約定率という数字が記載されているのをよく見かけます。

しかし、これはスリッページ発生率とは無関係な値です。

スリッページ発生率の記載は、法律で定められていないので、ほとんどのFX会社は未公開です。

 

公開している会社は、ヒロセ通商、JFX、SBIFXぐらいです。

  ヒロセ通商 JFX SBIFX
スリッページ発生率 13.9% 6.9% 値幅によって公開

 

このようなスリッページ発生率です。

 

スイングトレードではスリッページは重要ではない

スイングトレードでは、スリッページの重要性は、デイトレードやスキャルピングと比べてかなり低いです。

理由は、より大きな値幅をとりにいきますし、トレード回数が少ないからです。

 

100pipsを狙いに行くときに、2pipsのスリッページが発生しても簡単に取り返すことができます。

 

反対に、スキャルピングでのスリッページは命とりになるので注意が必要です。

 

損切りのときもスリッページは発生する

損切りするときもスリッページは発生します。

指値注文や逆指値注文ならスリッページ許容範囲は設定できないので、スリッページが発生してもそのまま約定されます。

しかし、ストリーミング注文で値動きが激しいときに損切りした場合は、スリッページの許容範囲の設定によって、約定しない場合があるので、注意が必要です。

 

まとめ

今回は、

  • スリッページは実際に注文したレートと違うレートで約定すること
  • スリッページは設定できる
  • トレードスタイルによってスリッページの重大さは違う

といったことを学んでもらいました。

 

とくに、スキャルピングやデイトレードをしている方は口座選びの時に、スリッページにもこだわってみてください。

 

アクトトレーダーズでは、トレードで成功するのに必要な知識を無料で公開しています。

ですが、本質的にトレードで1番大切なのは考え方です。

その考え方を1から学べるメルマガを用意しています。

有用級の情報を無料で惜しみなく公開しているので、
是非登録してみてください。

メルマガ登録はコチラです
http://act-trader.com/post_lp/movie-present/

 

 




新発表!
賭けたのはたったの1日10分!
読むだけで稼げるノウハウを
限定公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

 

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・最低限知っておかないといけないことって?

 

さらに、ご登録いただいた方に期間限定で
特別動画をタダでプレゼント!

 

あなたのトレードが変わります。

 

今すぐご登録を!