トレードスタイルを決めろ!!FX相場が動く時間の戦略

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXの最大の魅力といえば、

  • レバレッジが効く
  • 手数料が安い
  • 24時間取引できる

この3つが最初に思いつくことです。

 

今回はそのなかでも「24時間取引できること」を最大限に活かす方法をお伝えします。

 

株式市場では9時から15時までなので、
サラリーマンが手をだすのは難しい世界です。

しかし、FXは24時間取引できるので、
仕事が終わってからでも十分に結果を出すことができます。しかも習慣的に。

 

こんなFXの魅力に惚れてFXをはじめた人が多いです。

その一方、この時間によるFXのメリットを存分に活かしきれていない人も多いのが現実です。

 

そこで、FXの最大の魅力である

「24時間取引できる」

を活かすためにこの記事を読んでみてください。

 

時間によるFX相場の特徴を解説するので、
自分にあったトレードスタイルを見つけるのに役立ててもらえれば幸いです。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

実は為替レートが動く時間は決まってるんですよ

「為替レートなんて止まらないよ。いつでも動いてるよ」

そうゆうことではないです。

 

“為替レートの動き方”には、
時間によって規則性があるということです。

 

この記事を読んでくれている人はおそらく人間でしょう。

人間であるあなたは、
毎日ある程度の習慣や規則性にしたがって生活しています。

そして、為替レートを動かすのは人間による大衆心理です。

 

だから、為替レートもそれにあわせたように、
時間によって動きにに規則性がでてきます。

 

FXは通貨によって売買されやすい時間が決まっている

FXは通貨によって売買される時間がきまっています。

国によってトレーダーがいて、
そのトレーダーたちも同じような生活をしていて、
同じような時間に売買するからです。

日本円で言うと、
市場を動かす金融機関のディーラーが、
9時~15時の日中に取引するので、
日本円は日中によく売買されます。

 

これはどこの国に行っても同じです。

 

24時間市場はつながっている

この画像はわかりやすかったので、
「マネットFX」というサイトから引用させてもらってます。

この画像で見るとわかるように、

オセアニア市場→ヨーロッパ市場→ニューヨーク市場

といった順番で、市場は流れていきます。

 

そして、どこの市場が開いているのかによって、
為替レートの動き方は変わります。

 

代表的なFXの3つの市場

アジア市場 9時~15時
ロンドン市場 15時~18時
ニューヨーク市場 21時~25時

国ごとに細かく解説してもややこしいですし、
そこまで意味はないので、
代表的なFXの3つの市場について解説します。

 

アジア市場のチャンスはたったの55分

動かないと言われている9時~15時のアジア時間ですが、

動く時間はありますよ。

 

それは、

9時~9時55分です。

 

9時が日本市場の開始時間で、
9時55分が仲値が決まる時間です。

 

仲値とは?!

仲値は簡単に言うと、

空港などで両替するレートです。

空港で両替するときに、
ずっと為替レートが動いているとめんどくさいですよね。

だから、両替など動いている困るレートは、
9時55分のレートで固定しています。

 

この朝9時~9時55分までの1時間弱が日本円が最もレートが動く時間です。

 

このレートが動く時間にトレードできるかがアジア時間のポイントです。

 

ロンドン時間はユーロ、ポンドに注目

日本時間では、15時~18時のロンドン時間です。

このロンドン時間では取引高が1番多いです。

とくにヨーロッパあたりでは日中なので、
ポンドやユーロが活発に動き出します。

 

この時間ではかなり自信がある場合を以外では逆張りはおすすめできません。

なぜなら、取引高が多いのでボラティリティの高く、

大きな値幅のトレンドが発生しやすいからです。

 

大きな値幅のトレンドが発生しやすいということは、
逆張りをすると大きく含み損を抱えるリスクがあります。

順張りならトレンドに途中からのった場合でも、
十分な利益を得ることができます。

 

あと、ポンドやユーロがらみの経済指標には要注目です。

 

スキャルピングがしやすい!!ニューヨーク時間

ニューヨーク時間は日本時間では、

21時~25時です。(冬時間)

 

これは夜の誰にも邪魔されない時間ですし、
サラリーマンが副業でトレードするにはもってこいです。

 

この時間に短期トレンドが発生しやすい理由は、
イベントが多いからです。

  • 22時00分 経済指標
  • 22時30分 ニューヨーク株式市場オープン
  • 24時00分 ニューヨークオプションカット
  • 25時00分 ロンドンフィックス

のような感じです。

 

また、この記事を書いた2017年11月17日では、
22時、22時30分、25時に経済指標もでています。

 

このように定期的に経済指標やイベントがあるため、
短期トレンドがでやすくなります。

 

また、アジア時間の仲値のように、
ロンドンフィックスが待ち構えているので、
みんなそこまでに稼ごうとトレードすることも、
短期トレンドがでやすい原因の1つです。

 

スキャルピングやデイトレードにおすすめな時間帯です。

 

ニューヨークオプションカットとは?!

ニューヨークオプションカットとは、
カットオフタイムとも呼ばれ、
通貨オプション権利を執行できる締め切りのことです。

 

通貨オプションとは、
あらかじめ決められた期間や期日に、
一定のレートで通貨を売ったり買ったりする権利のことです。

 

例を挙げると、

「1ドル=105円で1ヶ月後10万ドル買う」といった感じです。

売る側は銀行などの金融機関で、買う側は企業です。

一ヶ月後にドル円レートが安ければ、
企業はそのレートでドルを買います。

1ドル=110円のように高くなっていれば、
通貨オプションの権利を使って、
1ドル=105円で企業はドルを買います。

 

ロンドンフィックスとは?!

ロンドンフィックスとは、
日本で言う仲値のようなものです。

その日の顧客向けのレートを決める時間ですね。

日本では9時55分、ロンドンでは日本時間の25時です。

夏時間の場合ロンドンフィックスは1時間はやくなって、24時になります。

他のものも当てはまるので夏時間と冬時間には注意してください。

 

市場の入れ替わりを使った時間の戦略

最後に軽く時間の戦略を紹介します。

大衆心理にしたがった理論で、
絶対的な法則ではないのですが、
FXでは逆張りが成功しやすい時間と順張りが成功しやすい時間があります。

 

アジア市場で例えます。

日本で機関投資家がトレードをはじめるのは、
日本市場がオープンする9時です。

退散するのは日本市場がクローズする15時です。

 

そこで機関投資家は何を思うでしょうか?

会社でトレードできるのは15時までで、
そのリスクを翌日に持ち越したくないため、
15時より前にポジションを手じまいます。

なので、
14時~15時ぐらいは、
今までできていたトレンド流れが、よく崩れます。

つまり、逆張りが狙える時間ということです。

 

これは、アジア時間、ニューヨーク時間、ロンドン時間、

のすべてにおいて当てはまります。

 

市場クローズ前の1時間は逆張りが成功しやすいです。

 

まとめ

主要な3つの市場。

  • アジア市場
  • ロンドン市場
  • ニューヨーク市場

それぞれの特徴を紹介したあとで、
少しだけ時間を使ったテクニックをお伝えしました。

 

この3つの市場の特性を知っておくことは重要で、

  • 自分がどんなトレードをしたいのか?
  • 自分はどんなライフスタイルか?

 

などを考えた上で自分のトレードスタイルを決めるヒントになります。

 

自分にあったトレードスタイルを見つけて、
トレードで人生を豊かにしていきましょう。

 

では、今回もありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.