他人の注文レートがまるわかり!!FXの便利ツールをご紹介。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

他の投資家が注文したレートって、気になりません?

 

僕は、気になります。

 

高値の上にショートの逆指値がたまっていれば、

「この高値をぬけると、のびそうだな。」

とか

「この高値は強いレジスタンスになってそうだな。」

とか、わかるじゃないですか。

 

これ、けっこう便利ですよね。

 

そんな便利ツールがあるので紹介します。

 

その便利ツールの名前は、

OANDA 外国為替注文書

と、言います。

こちらのリンクからどうぞ。
https://www.oanda.com/lang/ja/forex-trading/analysis/forex-order-book

オープンポジションとか
FXのオーダーブックとか
クソポジチェッカーとか
呼ばれてるやつです。

 

OANDA 外国為替注文書の見方

これが、その画面です。

 

通貨ペア

通貨ペアは上のプルダウンで変更できます。

 

基本的な見方です。

 

未決済の注文のほうが、

 

  1. 指値ショート
  2. 逆指値ロング
  3. 逆指値ショート
  4. 指値ロング

です。

オレンジが指値で青が逆指値と覚えましょう。

 

未決済ポジションのほうが、

  1. ショート含み益
  2. ロング含み損
  3. ショート含み損
  4. ロング含み益

です。

オレンジが含み益で青が含み損です。

ショートかロングかは、表に書いてありますね。

 

これを見ることで、

 

「含み益を抱えている人が多くて、指値がたまっているレートがある
ということは、そこでトレンド転換するかも。」

「含み損を抱えている人が多くて、逆指値がたまっているレートがある
ということは、そこをぬければロスカットを巻き込んで伸びていく。」

 

ということが考えられるようになります。

 

興味ある人は、
是非、ご利用ください。

 

では、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2018 All Rights Reserved.