2016/10/19

FX初心者必見!注文方法のまとめ

 
女性がスマホを使う

この記事を書いている人 - WRITER -

 

FXには様々な注文方法がある。FXをはじめて間もない方にとってはFXの注文方法は最初にググる項目の1つだと思います。
この記事はFXの注文方法をみなさんに「ネットサーフィンする手間を省きFXの注文方法について知ってほしいほしい」という思いでまとめを書きました。
この記事をみて理解していただけたなら本当にうれしく思います。

 

注文画面の気になる用語コーナー

 

まずは下の画像を見てほしい。FX初心者にわけのわからないであろう言葉を選んで説明する.

 

DMMFX ストリーミング注文

 

スマートフォンDMMFXから抜粋

上から説明していこう。

・前日比
前日の終値(取引時間の最後についた値段)と現在のレートを比較していくら高いor安いかのこと。
この場合終値は1日前の24時のこと。
【例】
前日の終値が130.000で今の値段が130.234なら前日比は+0.234

・BidとAsk
簡単に言うとBidが売りでAskが買いである。数字がさ小い方が売り、大きい方が買いとも言える。
なぜ売値と買値に差があるのかというとFXでは通貨を人と直接売買しているわけではなく証券会社を通して行っている。
ここで、売値と買値の差がスプレッドという手数料となり証券会社の利益になっている。

 

スプレッド

買値と売値の差額によって生じる手数料で証券会社によって違う。
たとえば、1万通貨で取引する場合
買 130.200
売 120.198 の場合

スプレッドは0.2銭で20円となる。

スプレッドが小さい証券会社はDMMFX、GMOクリック証券、外為ジャパンあたりが有名だ。

・注文数量(Lot)
1Lot=1万通貨=1枚となる。
そのまま注文数量の単位を表す。

注意
DMMFXでは1Lot=1万通貨だが必ずしもそうではない。
なお、DMMFXでは発注、決済ともに一度に100Lotまでしか注文できないのでそれ以上注文したい場合は分けて注文することになる。

・スリッページ
為替チャートは常に変化し続けているので成行注文してからFX会社のサーバーが処理するまでの間にレートに誤差が生じることがありこの誤差をのことである。

 

ストリーミング注文(成行注文)

 

成行注文とは言い換えると今すぐ注文。売買する通貨ペアと数量だけ指定して価格は決めずに注文する方法だ。FXデモトレードをはじめたばかりならとりあえず成行注文をいれてみる人も多いだろう。

・長所
ほぼ発注した瞬間に約定する。

・短所
価格をしていしないので先ほど説明したスリッページが生じる。

成行注文は今すぐに時間優先で売買したいときに発注する。「自分が買っていた通貨が大暴落してしまった」と聞いた時にはやく売りたいと思うだろう。

 

指値・逆指値注文

 

指値注文とは成行注文とは違って値段だけを指定して取引する注文方法である。

○○円まで下がったら買う。
○○円まで上がったら売る。
といった感じで注文するのが指値注文だ。

 

指値約定

 

上の図で100.5円で指値注文をいれたとすると届いた赤丸の所で買い約定する。

逆指値注文とは指値注文の逆で
○○円まで上がったら買う。
○○円まで下がったら売る。
という指定の仕方で注文することだ。

・長所
自分の好きな金額を設定して自動で売買できる。
有効期間を決めることができて期間内に約定されなかった場合は取り消しになる。

・短所
ほんの少しでも指定した値段に届かないと約定されないので直前に値動きして損してしまう場合がある。

指値で発注してポジションを持っている時に成行で決済することは可能なので指値で注文して永久に決済できない心配はない。

 

IFD注文

 

図を作ってみた。

ここから先は指値、逆指値を組み合わせた注文方法である。

IFD注文

IFD注文はポジションをもつ注文と利益確定もしくは損切りの注文が一度にできる注文である。
ポジションをもつ注文が約定すると自動で利益確定or損切りの注文がはいる。

この図では買いのポジションをもつ注文と売りの利益確定注文を同時に行っている。

 

OCO注文

 

OCO注文

 

OCO注文は指値、逆指値注文を同時に発注できるん注文方法である。
基本的にはポジションを持っている時に利益確定と損切りを同時に設定したいときに使うのでリスク管理にもいい。
価格がどちらかに到達すると約定してもう片方はキャンセルとなる。

この図では買いのポジションを持ってから売りでOCO注文をいれている。
下の売り(損切り)が約定しているので上の売り(利益確定)は自動キャンセルとなる。

IFO注文とは

IFO注文はIFD注文とOCO注文の合体版。
まず、ポジションをもつ注文がはいって約定され次第自動的にOCO注文がはいる。

 

まとめ

 

FXの注文方法についてまとめてみた。
注文方法についてなるべく簡単に説明したつもりであるが完璧に理解はしてないと思う。
だが、これだけの知識をいれたのでデモトレードで適当でもいいので実際に注文して見ることがFXの注文方法理解への近道だ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2016 All Rights Reserved.