今さら聞けない!!金利と利子と利息の違いを1分で解説

 
金利、利子、利息 違い

この記事を書いている人 - WRITER -

「金利、利子、利息」

これらの言葉はあたりまえのように使われています。

だからこそ今さら聞けないですね。

私もつい最近まで知らなかったです。
なので、このブログではごちゃごちゃな使い方をしてしまっています。

100記事を達成したときにリライトするので、
そのときになおしておきます。

 

人と話しているとき、相手が利子とか利息とか金利とかの話をしたときに、
パッと調べて違いがわかるぐらい簡単にまとめてみます。

 

利息とは?!

利息とは、お金を借りたときに相手に払うお金のことです。

ツタヤやゲオでDVDを借りるときには、もちろんレンタル料をはらいますよね。

これと同じでお金を借りるときにもレンタル料を払うイメージです。
利息ができた本当の理由はレンタル料違いますが、ここでは省きます。

 

金利10%で10万円借りると1万円多く返すことになります。
これは、レンタル料を1万円はらったというイメージです。

つまり、お金を借りるときに支払う金額です。

 

金利とは?!

金利とは、どれだけの利息を支払うか計算するためのものです。

利率も同じ意味で使われます。

カードローンやキャッシングなどで、5%~10%と書いてあるものです。

金利10%で10万円借りると1万円多く返すことになります。
これは、レンタル料を1万円はらったというイメージです。

先ほどのこの文。
10%が金利です。

このように金利はパーセンテージで表わします。

 

利子とは?!

利子は利息と同じ意味だと思ってもらって構いません。

 

基本的には、
自分が借りる側のときは利子。
自分が貸してあげてる側のときは利息。
として使うことが多いですが、曖昧なところではあります。

例えば、
借金の利子を支払う。
定期預金の利息を受け取る。
こんな使い方です。

 

まとめ

利息と利子は、

お金を借りるときにかかるレンタル料のようなもので、
お金を借りるときに支払う金額。

 

金利は、

利子や利息を計算するときに使うものでパーセンテージである。

 

かなり簡単に解説しました。

これで会話ででてきてもどの言葉が何を指しているのかは理解できますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.