2017/04/05

これで安心!FXでの破産しない資金管理方法

 
資金管理 アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

 

FXでは市場参加者の95%以上が撤退しているという現実があります。このほとんどの原因はテクニカル分析の勉強不足でもなく、ファンダメンタルズ分析ができないからでもありません。

 

ほとんどの原因は資金管理です。

 

プロのトレーダー5人にトレードにおいて1番大切なものを聞くと全員が資金管理と答えるぐらい資金管理は大切です。

 

だからといって資金管理だけしていれば利益を上げられるというものでもありません。

 

正直トレードでは優先順位はありますがなんでもかんでも大切です!

 

英語教師が受験英語だけでなく会話や雑学についても詳しいように、
プロのトレーダーはなんでもできます。

 

この優先順位のなかでも資金管理はかなり上位です。

 

英語で例えると単語みたいなものです。やる気がない人は破産する前にマーケットからの撤退をおすすめします。

 

 

資金管理とは?!

 

資金管理とは一言で言うと、賭け方のことです。

 

ギャンブルっぽい表現になってしまいましたが、トレードではギャンブルの賭け方よりはかなり守りにはいります。

 

パーレイ方などでトレードするのは危険なのでやめましょうね笑

 

トレードでの資金管理は、

1トレードで何%の損失を許せるか。
また、1日なら何%の損失まで許せるか。

などルールを決めて忠実に守っていきます。

 

 

なぜ、資金管理が大切なのか

 

資金管理が大切な理由は大きくわけて次の2つです。

  1. 心理的な問題
  2. 破産しないため

順に説明します。

 

 

心理的な問題

 

心理的な問題とは、
安心してトレードできるように
ということです。

 

もし、みなさんが損すると住宅や車のローンが払えなくなるとか生活ができなくなるとしたらと考えてみてください。

 

おそらく損切りはできなくなって塩漬けポジションになり、大損をしてしまうでしょう。

 

まずは、トレードは絶対に必要なお金ではなく余剰資金でやりましょう。

 

最初は投入したお金を授業料だと思ってすべて捨てる覚悟でもかまいません。

 

これをふまえて余剰資金でトレードしたとしても、損失に対する抵抗がなくなるわけではありません。

 

100万円投入したと仮定します。

 

年収1億の人ならすべてなくなっても大した抵抗はないと思います。
しかし、トレードするために何ヶ月も貯めたお金ならどうでしょう?

 

1万円の損失がでても損切りできなくなるかもしれません。

 

これでは損が膨らんで一発退場にもなりかねません。

 

なので、損切りの注文はエントリーと同時に入れることは徹底してください。
かつ、冷静にトレードするためには損切りしてもなんとも思わない金額で注文をいれましょう。

 

 

破産しないため

 

100万円の資金でトレードをはじめたとします。1回の損を10万円まで許すとして運用した場合5回の損切りで資金の半分を失うことになります。

 

これでは一瞬でマーケットから退場することになります。また、一度損失をだしてしまうと取り返すのがかなり難しいです。これについては記事の最後の方で説明します。

 

そして、バルサラの破産確率にも注目です。

⑨

勝率

計算式は、
勝率=勝ちトレード数÷全トレード数×100
です。

例えば、
トレードを120回して70回勝ったなら
勝率=70÷120×100
  =58.3%

 

損益率(ペイオフレシオ)

計算式は、
損益率=平均利益額÷平均損失額
です。

平均利益額=全てのトレードで出した利益の総額÷勝ちトレード数
平均損失額=全てのトレードで出した損失の総額÷負けトレード数

例えば、
平均利益額が2000円で平均損失額が1000円なら
損益率=2000÷1000
   =2
となります。

 

自分のトレードを記録して計算し、勝率と損益率を出してみてください。

 

上のバルサラの破産確率表の見方は簡単です。

バルサラ 見方

勝率が80%で損益率が2なら破産する確率は0%です。これは良いトレードです。

 

自分のトレードがバルサラの破産確率表の赤か白の部分に来ていたらトレードを見直す必要があります。

 

 

破産しない資金管理の方法

 

資金管理の考え方は、

  1. 1トレードでどのぐらい損失まで許すか決める
  2. 各トレードでリスクが同じになるように注文するLot数を決める

の2つです。順に説明していきます。

 

 

1トレードでどのぐらいの損失まで許すか決める

 

1トレードでどのぐらいの損失まで許すか決めるとは1トレードで何%の損失まで許せるかを決めることです。

 

ここでのコツは○○円と決めるのではなく○○%と決めることです。

 

これは小さい金額でトレードをするときほど大切です。

 

例えば10万円でトレードをはじめたとして、全てなくなっても人生に大した影響はないので1回で5万円など大きな損失をだす人が多いです。

 

これではトレードの練習にも資金管理の練習にもあまりならないです。小さい金額ではじめる人は特に気をつけましょう。

 

1トレードでの許容リスクですが、
おすすめは1%です。

 

僕が気に入っているホームページや利益を上げているトレーダーはだいだい1%をおすすめしています。

 

しかし、相場の状況によっては最大2%ぐらいなら許してもOKです。

 

次は下の表を見てください。

  10万円でトレードする場合 1000万円でトレードする場合
1%の金額 1000円 10万円

この表からわかるように10万円でトレードする場合と1000万円でトレードする場合では1%の金額に
9万9000円の差があります。

なかには1万円の損失は許せるが10万円近くの損失は許せない方もいると思います。

なので、1トレードでの損失を許す額を少なくしてもらっても大丈夫です。

 

成功している人のまねをしたり、自分のメンタルと相談して決めてください。

 

 

毎トレードでリスクが同じになるように注文するLot数を決める

 

例えば、トレードするときに売りエントリーをして直近の高値で損切りの設定をするとします。

 

このとき直近の高値とはどこにあるでしょうか?

 

もちろん相場によってかわりますよね。

 

損切りの幅が20pipsの時と50pipsの時ではとるリスクが変わって不安定になりますよね。

 

このとき損切りの幅を変えるのは良くないので注文Lot数を変えてリスクを一定にしましょうと言うお話です。

 

ここからは適切なLot数の計算方法を説明します。

 

エントリーするときに適切なLot数の計算方法

 

公式は、
エントリーするのに適切なLot数
      =1トレードで許せる最大損失額÷1Lotでトレードしたときの損失金額

です。

 

以下の条件で例をあげます。

100万円でトレードして1回のトレードで1%(1万円)の損失まで許す。

ドルストレートの通貨である。

1.2420で買いエントリーで1.2400で損切り

計算してみます。

1.2420-1.2400=20pips(損切りの幅)

20pips×110(ドル円のレート)=2,200円(1Lotでトレードしたときの損失金額)

エントリーするのに適切なLot数
=10,000(1トレードで許せる最大損失額の1%)÷2,200円(1Lotでトレードしたときの損失金額)
=4.5Lot

 

詳しいpips計算は他の記事で説明します。

 

 

大きな損失をだすと取り返すのがとっても大変

 

損失が大きければ大きいほど取り返すのは大変になります。

 

あたりまえのことと思うかもしれませんがここでは数字をだして実感してもらいます。

 

100万円でトレードするとします。

5%の損失を出すと資金は95万円になりますね。

次のトレードは95万円ですることになるので100万円に戻すためには
5.26%の利益が必要です。

 

たったの0.26%だと思いましたか?

次の数字を見てみましょう。

 

同じく100万円でトレードするとします。

30%の損失を出すと資金は70万円ですね。

ここで100万円に戻そうとすると次のトレードは70万円でするので、
42.8%の利益が必要です。

 

ここでかなり差がでてきましたね。

もう1つだけ見ましょう。

 

ここでも100万円でトレードします。そして、80%の損失をだしてしまいました。

残りの資金は20万円です。この時点でかなり痛いことはわかりますね。

次のトレードは20万円でするので100万円に戻そうとすると、
400%もの利益が必要です。

 

これでわかっていただけましたか?

 

損失を出せば出すほど取り返すのは難しいです。さらに取り返そうとしてトレードすると精神状態が良くないので資金がもっと減ることが多いです。

 

なので、資金管理は徹底してください。

 

 

まとめ

 

もう一度重要なポイントをまとめてみます。

 

  • 資金管理は心理的な理由と破産しないためにも必須。

 

  • 1回のトレードで許す損失を%で決めておく。(1~2%がおすすめ)ただし、損切りを躊躇なくできる金額にしておくことも大切。

 

  • 各トレードでリスクがばらばらにならないように適切なLot数でトレードする。

 

  • 一度損失が出ると取り返すのは大変。

 

大切なので何度もいいます。

 

トレードで着実に利益を上げるためにも資金管理は徹底してください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.