超わかりやすい!MT4でEAのバックテストをする方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

EAのバックテストの手順を説明していきます。

 

バックテストとはそのEAが本当に稼げるのか過去のチャートで確かめることです。

 

バックテストからPDFにまとめるまでの一連の流れを画像を使って説明していくので、
まねしてみてください。

 

  1. 口座開設
  2. EAを導入する
  3. MT4最大バーの設定
  4. 既存のヒストリカルデータを削除
  5. 新規ヒストリカルデータのダウンロード
  6. バックテスト
  7. PDFにまとめる

 

この手順で説明していきます。

 

 

口座開設

 

最初にやることはMT4のでも口座を開くことです。今回はFXDDで説明します。

 

FXDD

まずは、FXDDとググってから一番上にでてくるページに行きます。

そうするとこんな画面になります。

 

FXDD1

デモ口座開設をクリックしてください。

このさきは説明がわかりやすいのでしたがってもらえば大丈夫です。

 

 

EAを導入する

 

バックテストをしたいEAの導入をやっていきます。

 

EA 1

まずは、

ファイル→データフォルダを開く をクリック。

 

EA2

でてきた画面で、

MQL4をクリックすると上の左側の画面になります。

そして、
Expertsという所に導入したいEAをドラックアンドドロップしてください。

これで、EA導入ができましたので一度MT4を再起動してください。

 

EA3

再起動後、Ctrl+N or 表示→ナビゲーター でナビゲーターを開きます。

そして、エキスパートアドバイザーという所に先ほど導入したEAがはいっています。

そのまま使いたければドラックアンドドロップでチャート上に落としてください。

 

 

MT4最大バーの設定

 

EA4

ツール→オプション か Ctrl+O をクリックしてください。

 

EA5

こんな画面がでてきたらチャートを選んで、
ヒストリー内の最大バー数とチャートの最大バー数を99999999….のように大きい数字にしてください。

できたらOKをクリック。

画面が消えるのでもう一度同じ画面にしてください。

 

EA6

先ほど9999999999…と入力したところが、
上の画面のような数字に変わっていたらOKです。

ついでに□のチェック欄も上の画面に合わせておいてください。

 

1m

 

次のヒストリカルデータの削除に移る前に、
EAで使う足の1分足を表示しておきましょう。

僕のEAはGBP/JPYの5分足で取引するので、
GBP/JPYの1分足を表示します。

左側の赤丸をクリックするとチャートの種類が選べます。

右側の赤丸をクリックすると何時間足か選べます。

 

 

ヒストリカルデータの削除

 

EA8

ファイル→データフォルダを開く

でデータフォルダを開いてください。

 

こんな画面になったら一旦MT4をとじてください。

この画面を画面①とします。

 

 

画面①からhistryをクリックするとこんな画面になります。ここで使うのは赤丸で囲んだ2つです。

この場合はFXDDのデモ口座でバックテストを行っているので、
FXDD-MT4 Demo Server をクリックします。

どの口座を使うかで変わるので、
ここは自己判断で選択してください。

 

 

そうするとこんな画面がでてくるので、
EAを使う通貨ペアをすべて削除してください。

今回はGBP/JPYです。

 

次に、先ほど赤丸で囲んだもう一方のdownloadsをクリックしてください。

そして、GBP/JPYを削除します。

 

次に画面①までもどります。

今度は、testerをクリックしてください。

 

ここで、

cachesとhistryをそれぞれ開いて中身のデータを全て削除して空にしてください。

これでヒストリカルデータの削除は終わりです。

 

 

新規ヒストリカルデータのダウンロード

 

まずは、MT4を起動します。

ツール→ヒストリーセンター をクリック。

 

ここで、このEAはGBP/JPYの5分足で使うものなので、GBP/JPYの5分足をクリックしてください。

そして、レコードが残っているので1番上をクリックした後で1番下をShiftキーを押しながらクリックして全選択してください。

できたら削除です。

1分足も同じように削除してください。

 

削除できたらを1分足でダウンロードをクリックします。

ダウンロードには少し時間がかかるので待ちます。

 

ダウンロード完了したら最新のバーの日付を確認しておきましょう。

ついでに5分足でもダウンロードできているので確認しておきましょう。

これでヒストリカルデータのダウンロードはできました。

 

 

バックテスト

 

いままで準備してきたデータを使っていよいよバックテストをはじめます。

 

表示→ストラテジーテスター

の順に進んでください。

 

このような画面になるので①~⑦あたりを自由に設定してスタートをクリックするとバックテストがはじまります。

スタートがストップに変わったらバックテスト終了です。

①~⑦簡単に各項目を説明します。

 

①はEAの種類

②は通貨ペア

③バックテストの制度
全ティック→コントロールポイント→始値のみ
の順で制度が落ちて速度が上がります。

④バックテストの期間

⑤どの時間足か

⑥スプレッド
現在地なら現在のスプレッドでバックテストを行います。
数字を入力してスプレッドを決めることもできます。
15と入力すれば1.5pipsです。

⑦エキスパートの設定

エキスパートの設定をクリックするとこんな画面になります。

初期の証拠金かどちらのポジションをもつかを設定できます。

日本円で証拠金を持ちたい場合はJPYと直接入力してください。

 

バックテストが終わったら

右クリック→レポート保存

でデータを保存できます。

 

不整合チャートエラーがあればなにか間違っています。

モデリング品質については③で全ティックの場合90%が最大なので100%でないといけないわけではありません。また、全ティックでないモデルでするとa/nとでます。

③で全ティックを選んでa/nがでたら全然ダメです。最初からやり直しになります。

 

レポートはこんな感じで見れます。

 

 

PDFにまとめる

 

まずは無料のPDFプリンターをパソコンにダウンロードします。
https://www.comicmall.jp/wiki.cgi?page=CutePDF

私は上のURLのものを使っていますがどれでもかまいません。

 

さっきのレポートで右クリック→印刷を選びます。

 

プリンターでさっきダウンロードしたPDFプリンター選択して印刷するとPDFファイルができます。

 

https://smallpdf.com/jp/merge-pdf

あとは上のサイトを有効活用するとPDFの結合やその他の編集ができるので有効活用してください。

 

 

まとめ

 

  1. 口座開設
  2. EAを導入する
  3. MT4最大バーの設定
  4. 既存のヒストリカルデータを削除
  5. 新規ヒストリカルデータのダウンロード
  6. バックテスト
  7. PDFにまとめる

見てわかるように少し手順はながいですしエラーがでることもありますが、
頑張りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.