2018/02/15

全国のビビりトレーダーさんへ!勝ちたきゃたまには実弾も!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

いっつも、デモ、デモ、デモ、デモ、デモ、デモ、言ってますが、

今回は実弾トレードもしてください。

ってお話です。

 

これをやっておかないと、

「デモで稼げるようになった!よし、実弾だ~♪」

と、思ったのに。

実際に実弾トレードをしてみると、
負けている。

という事態が起こります。

 

僕のことなんですが。笑

 

最初に検証して、デモトレードして稼げて、
実弾トレードに変えた瞬間、

心理の罠に気づきます。

だから、あなたが同じ失敗を繰り返さないように、
実弾でも練習すべき理由をお伝えします。

 

 

デモトレードの目的は、

  • 取引ツールの使い方を覚える
  • 値動きに慣れる
  • 勝てる売買ルールを見つける

さっとあげてこんか感じです。

 

FX初心者にいきなり実弾トレードをしてください。

というお話ではなくて、

  • 取引ツールの使い方は完璧
  • 値動きにも慣れている
  • だが、勝てるルールはまだ見つかってない

って人に、一度実弾トレードをおすすめします。

というお話です。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

デモトレードの罠

デモトレードには巧妙な罠がありまして…

それは、

損益計算が異常に甘くなる

ということです。

 

自分のお金がかかっていないので、
あたりまえっちゃあたりまえです。

しかし、これナメちゃいけません。

 

とくに資金が少ない人は。

 

デモトレードをするときには、
自動的に口座に資金が500万円もはいってますよね。

で、実際に少額でトレードをはじめるときは、
10万円だったりします。

 

スイングトレードの人はあんまり関係ないんですが、
スキャルピングとデイトレードの人は要注意です。

 

500万円資金があるからこそ、
デモトレードではFXでかなり有名な言葉を忘れてしまいます。

 

スプレッドです。

 

このスプレッドが、10万円の資金で1万通貨で取引するにあたって、
めちゃくちゃ痛い。

あなたが思っているより、100倍は痛いと思ってください。

 

買いポジションを持って、5pipsくらい下がって、
また、建値にもどってきたとき、
デモトレードなら、

「あ、ちょっと含み損でてるな」

と、思います。

 

しかし、実弾で少額なら、

「あれ?!なんで含み損??」

って、なるわけです。

 

ここではじめて、自分がスプレッドを
今まで考えていなかったことに気づきます。

 

何回も言いますが、1万通貨での300円のスプレッドは、
デモトレードでは無視してしまいますが、
実弾トレードでは無視できません。

ほんとに痛いです。

 

口座選びの大切さを身にしみて実感できますよ。

 

そして、検証です。

裁量トレード練習君やFT2を使っている人は、
スプレッドを設定できる場所があるのでいいのですが、

過去チャートで普通に検証している人。

ちゃんとスプレッドいれてますか?

 

僕は、勝てたと思った検証結果で
スプレッドを考慮していなくて、
実際は負けていた。

こういうことありました。

 

だから、

はやめにお金にシビアになれる実弾トレードを
経験しておいてください

 

では、今回もありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2017 All Rights Reserved.