FXの定番!トレンドの転換点と利益の出し方

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

今回はトレンドについての記事です。

FXの相場は主に「トレンド相場」と「レンジ相場」があります。売り買いして利益をだしたいならば「なぜこういったチャートの形ができるのか」や「どういった時にトレンドがかわるのか」とゆうことを知らなければなりません。

この記事は

「どんなときにトレンドが変わるのかわからない」

「FXでトレンドがあることはわかるけど実践につなげられていない(どこで売り買いすればいいのかわからない)」

と思っている人に対してトレンドが変わるときのチャートパターンの代表例をなぜそこでトレンドが変わると判断したのか根拠と一緒に紹介していきたいと思います。

 

 

トレンドについての基礎知識

 

3つのトレンド

 

最初に紹介した「トレンド相場」には上昇トレンドと下降トレンドの2種類がある。ここでは「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ相場」の3つを順を追って説明していきたい。

まずはどのトレンドの時でも売り買いの両方が行われているのでチャートは直線のようにすすむことはなく何度も上下を繰り返しながらギザギザに動いていくということを理解しておいてほしい。

 

 

上昇トレンドと下降トレンド

 

上昇トレンドと下降トレンド

 

上昇トレンドならいったん上昇はするもののある場所売りの勢いが強くなることで反落し、もう一度買いの勢いが強くなることで上昇しなおして前の高値をどんどん切り上げていくうごきをする。前の高値とは上の図で見ると水色の破線の部分である。ここで売りの勢いが強くなり上昇を妨げる線と認識できるので「レジスタンス」や「抵抗線」と呼ばれる。

下降トレンドでは上昇トレンドとは逆の流れでまえの安値をどんどん切り下げながらギザギザに下降していく。水色の破線は今回は上昇トレンドとは違って下降を妨げる線となるので「サポートライン」や「支持線」と呼ばれる。

 

 

レンジ相場

 

レンジ相場

 

レンジ相場は上のように値幅が同じようなところを行き来している状態である。相場が休んでいる状態と考えられる。しかし、同じトレンドが永久に続くことはないのでいずれ「抵抗線を上に突き抜ける」もしくは「支持線を下に突き抜ける」ということになる。

もし、上昇トレンド中にレンジになって抵抗線を上に突き抜けたならもう一度上昇トレンドが始まると考えることができる。また、支持線を下に突き抜けたならこの上昇トレンドは終わると考えられる。

 

 

トレンドには期間がある

 

トレンドは短期トレンド、中期トレンド、長期トレンドという風に期間によっても変わってくる。

 

m1

 

上のチャートは1分足になっているがこれは下降トレンドになっている。

 

m30

 

上のチャートは30分足で上昇トレンドになっている。水色の矢印のある部分は先ほどの5分足のチャートがあったところである。

 

1d

 

上のチャートは1日足である。今度は下降トレンドになっている。

このようにチャートはどの足で見るかによって形はまったく違った形になっている。そしてFXには主にスキャルピング、デイトレード、スウィングトレード、スワップ狙い投資の4つにわかれていてスタイルによってもどの足をみるのが適切かは違ってくる。

また、どのトレードスタイルでトレードするにしてもポジションを持ったり決済するときには根拠を重ねることが大切である。さらに、トレードで負けたとき原因を解析するときにも他の時間足を見ることで負けの原因がわかることもあるのでどの時間足で見るかによってトレンドが違うことは知っておいてほしい。

 

 

トレンドの転換点

 

ここからは上昇トレンドが終わるサインを紹介する。下降トレンドに関しては逆なので応用してほしい。

 

ヘッドアンドショルダー

 

1つ目に紹介するのは「ヘッドアンドショルダー」というものだ。

 

ヘッドアンドショルダー

 

 

上の図のような形のチャートパターンをヘッドアンドショルダーという。

これは形が人間の頭と肩のようになっているのでヘッドアンドショルダーという。水色の線は人間の首の位置となっているのでネックラインと呼ばれている。

また、大仏が3つ並んでいるようにも見えるので日本では三尊ともよばれている。

今からヘッドアンドショルダーが形成される過程がを説明するが、まずヘッドアンドショルダーは「上昇トレンドの終了時」にででくるということを覚えておいてほしい。

 

上昇トレンドは必ずヘッドアンドショルダーで終わるわけではない。

 

 

ヘッドアンドショルダーの形成

 

 

ヘッドアンドショルダー

 

今からヘッドアンドショルダーのでき方を説明するが上の図のように、ヘッドアンドショルダーのネックラインは斜めになることもある。見落としやすくなるのでチャートを見るときには注意してほしい。

まず、上昇トレンド中で①で一度反落しているので水色の線は抵抗線とみることができる。そして、次に上がっていくときに抵抗線を越えて高値を更新して上昇トレンドが継続している。そして、買い注文の数が増えて買いの勢いが増したと判断できる。同時に、抵抗線だった水色の線は支持線にかわる。

次に、もう一度反落して②で支持線に跳ね返されてまた高値を更新して天井に達する。このときはある程度含み益がでて利益確定したいトレーダーが増えて一時的に売りの勢いが強くなることでまた反落する。その後は支持線に跳ね返されてもう一度上がるものの高値を更新できなかったので上昇トレンドが終わると予想される。

そうなると売りの注文をいれるトレーダーが増えてまた反落して④で支持線を突き抜けたので水色の線は抵抗線となる。ここでヘッドアンドショルダーができて上昇トレンドが終わったと判断できる。

 

 

 

ヘッドアンドショルダーの注文ポイント

 

ヘッドアンドショルダーは定型のパターンではあるがはやまって形成する途中でヘッドアンドショルダーができる決めつけて売買することはおすすめできない。形成中に天井と決めつけるとそれはあくまでも予想なのでまた高値を更新して上昇トレンドが継続される可能性があるからだ。

そうなったとき天井で売り注文を入れてしまっていると損をすることになる。

 

ヘッドアンドショルダー もうけるポイント

 

 

ヘッドアンドショルダーで一番性格に利益を出すためには⑤の位置で売りを入れることが良いだろう。

④で支持線を突き抜けたところでヘッドアンドショルダー形成のポイントでその後の抵抗線で跳ね返るときである。ここなら天井の次の山で高値を更新していない上にヘッドアンドショルダーができているので上昇トレンドが終わる。そして、一時的に下落する可能性が非常に高い。

決済のポイントは⑥でヘッドアンドショルダーができて下落するのは過去の統計から見てネックラインと高値と同じ幅といえる。もちろん3倍、4倍になったり2倍にとどかないこともあるので1つの目安としてほしい。

 

 

ヘッドアンドショルダー・ボトム

 

ヘッドアンドショルダー

 

上の図がヘッドアンドショルダー・ボトムの形である。形も戦略もヘッドアンドショルダーの逆なので応用して使ってほしい。

 

 

ダブルトップ、トリプルトップ

 

上昇トレンドの終わりには以下の図のようなダブルトップ、トリプルトップというものもある。

 

ダブルトップ、トリプルトップ

 

上の図のようなチャートパターンで山が2つのほうがダブルトップで山が3つのほうがトリプルトップである。両方とも上昇トレンドの終わりに出てくることが多い。この2パターンでもヘッドアンドショルダーと同じく売りのシグナルはAとBのサポートラインを突き抜けた時である。このときはじめてダブルトップ、トリプルトップができたことになる。

水色の破線の位置が下落の基準でサポートラインを超えてから高値の山の高さと同じぐらい下落する。

また、ダブルトップとトリプルトップの山の高さが同じとは限らないので見逃さないように気をつけよう。

 

 

ダブルボトム、トリプルボトム

 

ダブルボトム、トリプルボトム

 

ダブルボトム、トリプルボトムはダブルトップ、トリプルトップの逆の形で下降トレンドの終わりに出てくることが多い。こちらもネックラインを形成する。

また、シングルトップ、シングルボトムといって山が1つだけできるトレンドのでき方もある。これはネックラインが存在しないのでできあがるまで予想することもできない。

 

 

ソーサートップ、ソーサーボトム

 

ソーサートップ、ソーサーボトム

 

上の図のようになだらかな山をつくりながらトレンドが終わるパターンもある。これをソーサートップ、ソーサーボトムという。ソーサートップは上昇トレンドの終わりに現れ、ソーサーボトムは下降トレンドの終わりに現われる。

 

 

まとめ

 

今回はトレンドというテーマの記事だったが特にヘッドアンドショルダーについては深めに説明させてもっらった。ヘッドアンドショルダーは今回紹介したなかで一番収益につなげやすいと思うので是非覚えてほしい。

また、トレンドの転換点をしっかりおさえてポジションの手じまいなどをうまく行うことで大損することを防いだり、トレンドにのって利益を出せるようにトレンドの転換点をうまく使いこなしてほしい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2016 All Rights Reserved.