2018年1月17日の仮想通貨大暴落からの学びと過去の事例

 

この記事を書いている人 - WRITER -

んにちは。

 

仮想通貨関連株が大幅安、ビットコインやリップルの急落で

ブルームバーグではこんなニュースが出ていました。

 

仮想通貨が大暴落していますね。

 

僕がメインで持っているXEMは、
60%以上暴落していました。

で、あまりにも話題になっているので、
暴落に関してお話します。

 

とりあえず、ツイッターで情報収集してから、
過去の事例から見た僕の考えを書いてみます。

 

では、今回もよろしくおねがいします。

 

ツイッターから暴落情報を入手

注目のツイートをまとめてコメントしてみました。

 

この画像を見てください。

日本人がこの暴落中にめちゃくちゃ売っているそうです。

まぁ、僕はホールド決め込んでいるので、
利益確定したことは1回しかないんですが、
底で買い直してもう一度利益出せるといいですね。

 

仮想通貨を持って半年くらいですが、
底だと思ってもまだ下がる。

天井だと思ってもまだ上がる。

これが仮想通貨だと感じています。

 

 

 

 

このボラティリティ。

仮想通貨FXをするのは、まだ怖いですね。

基本的に普通に仮想通貨を買うと、
レバレッジがないので自分の資金以上のマイナスはないです。

レバレッジを効かせてしまうと、
すぐに追証になりそうですね。

FXは為替で頑張りましょう。

 

 

後で、チャート見ますが、
この暴落でも調整の範疇ですよね。

 

 

規制はありそうです。

FXも損する人が多すぎて、
レバレッジ100倍とかの時代から規制されてるわけで。

仮想通貨はレバレッジがないけど、
ボラティリティが凄すぎる。

仮想通貨で損した情報は聞いたことがないけれど、
実際に損してる人もいそうですよね。

怪しいとか言われてもふたを空けてみれば、
みんながみんな稼いでる世界でしたが、
このバブルが終わるのかはわかりません。

 

 

 

このぐらい落ちてます。

 

 

後で説明しますが、過去の事例から見て、
本当にバーゲンセールという感覚は、
いいと思います。

 

 

仮想通貨チャート分析と過去の事例

僕が持っている4つの銘柄を見て、
チャートを分析します。

ビットコイン

長期的に見るとこれ、暴落じゃないですよね。

むしろ目線は上です。

過去の事例から見ても、暴落はすべて戻ってます。

だから今回も戻る可能性が高い。

それが1日になるか1週間になるか1ヶ月になるか、、、

といった状況です。

 

イーサリアム

最近思いますがイーサリアムは強いですよね。

ビットコインとイーサリアムは前の暴落のときに買いました。
2017年12月です。

ビットコインは含み損になってますが、
イーサリアムは前の暴落を一度も下回ってません。

狼狽売りがある中、
根強い人気がチャートから感じられます。

 

リップル

リップルのチャートはイーサリアムに似ていますね。

ただ、落ち方が激しい。

リップルは与沢翼さんも推している銘柄ですよね。

話題になっている仮想通貨を買うのはいいですが、
基本知識ぐらいはつけておきたいです。

便利なものは長期的に見て上がりますから、
一瞬の暴落で売ってしまって大損パターンを減らせます。

 

ネム

ネム

ネムとリップルは基本的に似たような動きで、
似たようなレートを動いているイメージです。

55円くらいで強力にレジされてますね。

最初20円で買いましたが、買い増ししてるので、
含み損でてます。

 

ネムって実際使える場所もグッズもあって、
人気が根強いです。

そして、あの人気仮想通貨ブロガーの
イケダハヤトさんが推している銘柄でもあります。

 

全体的にチャートを見る限り、
上がってる途中です。

今までが異常な上がり方をしていましたが、
市場規模が大きくなるにつれ、
しっかりと押し目をつけてジワジワ上がっていくように
なるでしょうね。

技術として、長期的に見て、
仮想通貨には期待しています。

 

大暴落から学んだこと

今回の大暴落で学んだことは大きく2つです。

  • 上がってるときは買わない
  • 常に余剰資金の余剰資金を用意しておく

です。

順に説明します。

 

上がってるときは買わない

上がってるときは買っても、ろくなことがないです。

仮想通貨はどうせ大暴落しますし、
ボラティリティも広いです。

上がってるときに買うと、
大暴落に巻き込まれるので、
心理的にキツい。

だから、大暴落まで必ず待つ。

FXでもチャンスが来るまで必ず待つ。

 

ボラティリティが広いのだから、
また稼ぐチャンスはある。

と考えましょう。

 

余剰資金の余剰資金を用意しておく

余剰資金ではなく、余剰資金の余剰資金です。

あなたも仮想通貨は余剰資金で投資してますよね。たぶん。

 

今回の大暴落で悔しかったのは、

買い増しができなかったことです。

 

落ちていると思って買ったんですが、
仮想通貨は買われすぎ、売られすぎの連続です。

今日のような大バーゲンセールがいつ来るのかもわからないです。

 

バーゲンのときに買うことができると、
経験上すぐに2倍くらいにはなるし、
心理的にかなり楽です。

 

やはり、本物のチャンスのために、
余剰資金の余剰資金も用意しておきたいですね。

 

PS

いろいろ書きましたが、
投資では何が起こるかわからないので、
常にいろんなシナリオを準備しておきましょうね。

 

では、今回もありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© アクトトレーダーズ , 2018 All Rights Reserved.